サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【YZF-R25 vs ライバル】250ccスポーツ 実測徹底比較 [#02 加速/減速テスト・サーキットデータ解析]

ここから本文です

【YZF-R25 vs ライバル】250ccスポーツ 実測徹底比較 [#02 加速/減速テスト・サーキットデータ解析]

パワー差にコントロール性で挑むYZF-R25の真価とは?

ついに国内デビューを果たした新生YZF-R25。以前に公開した記事ではインドネシア・セントゥールサーキットでのテストを紹介したが、今回は日本でライバルを一堂に集め、サーキット&ストリートで徹底的に乗り倒した! 今回はサーキットでのデータを解析するとともに、0-120km/h加速テストと80km/hからのABS制動テストをレポートする。

【YZF-R25 vs ライバル】250ccスポーツ 実測徹底比較 [#01 サーキットで運動性能対決!]

データ解析[1]:サーキットタイム

データロガーでサーキットの走りを解析。ストレートや高速コーナーではCBRとニンジャが速く、中低速コーナーで新R25がタイムを稼いでいた事実が判明した。

全区間でメリハリのあるRR、新R25はコーナー勝負

上記コース図の[1]~[6]のセクションを見ると、CBRはホームストレートでトップスピードを出し、以降も減速と加速のメリハリが圧巻。ニンジャは[2]~[3]の高速コーナーで最速タイムを出すなど、CBRに迫ったが、最終コーナー立ち上がりからCBRが大きく引き離している。新R25は、登りの中速コーナーである[4]や、ヘアピン手前の[5]~[6]で速く、コーナリング区間でタイムを削ったことがわかる。旧R25は、直線は新型と同等ながら、やはりコーナーで差が開いた。

インドネシアでのテストで新R25が好走だった理由は?

ギャップで荒れたセントゥールでは、硬さの中にしなやかさを秘めた新R25の足まわりが真価を発揮。収束性の高さと踏ん張りで好タイムを出した。CBRはイニシャルやダンピングが硬めで、好路面寄りのセッティング。細かく車体が跳ね、タイムを落とした。

サーキットデータの記録にはGPS DATA LOGGER デジスパイス3を利用

データ解析[2]:エンジンパワー

シャーシダイナモで後輪出力を測定したところ、スペックどおりCBRがトップを獲得。新旧R25はエンジンはなぜか最高速付近で若干の違いが?

トップエンドで伸びるCBR、新R25はパワーが落ちない?

後輪出力の実測値は、CBRが順当に最高値をマークした。一方、綺麗なパワーカーブを描いたのはニンジャ。8400rpmまで出力、トルクともCBRを上回った。新旧R25も8000rpmまでCBRといい勝負をしたが、以降はCBRが盛り返し、ライバルが頭打ちした1万2000rpm超でも唯一伸びを見せた。R25は新旧とも同じエンジンながら、新型は1万2000rpm超でパワーを維持。最高速付近で1psほど差が出る。ECUを変更した可能性も?

CHASSIS DYNAMOMETER:ブルーライトニングレーシング

パワーチェックはダイノマシンを搭載した「BLRラボ・スーパートラック」を所有するブルーライトレーシングさんに依頼。全国どこでも出張パワーチェックが可能だ。自社製インジェクションコントローラー「i-CON」の出張セッティングやイベントで全国を駆け回っている。なお、「250は気温などのコンディションでバラつきが出やすい」とのこと。

データ解析[3]:0-120km/h加速テスト

ゼロ発進から全開での加速性能を測定。エンジン出力が大きい方が有利だが、まさに結果はその通り。パワーチェックで上位の2車が速さを見せつけた。

頭ひとつリードしたのはCBRだった。R25は差を埋められず

0→100km/h、0→120km/h加速ともCBRが頭一つ抜きん出た。2番手はニンジャ。ほぼ互角でいい勝負をしているが、最高出力と高回転パワーに勝るCBRには惜しくも一歩及ばなかった。とはいえ、数字上では僅差でも、車載映像ではかなりの差として現れている。

3番手は新R25だが、同じエンジンを搭載するため、当然ながら新旧との差はほぼなし。これは体感的にも同様で、乗り手でわずかな違いが出た。CBR&ニンジャとは明確にパワー感の差があり、2番手のニンジャと比べても0-100km/hで0.8秒差、0-120km/hで1.3秒差がついている。これは見た目にも明らかで、距離を増すごとにグングンとニンジャがリードを広げていった。

データ解析[4]:80-0km/h ABS減速テスト

80km/hで走行中にフルブレーキングを行い、絶対制動力とABSの作動性をチェック。新R25の倒立フォークがタイヤのグリップを引き出し、最も短い制動距離をマークした。

温めれば効力がアップするR25、新型は唯一ストッピーもこなす

テスト車は全てABS仕様。短制動では、ABSの作動タイミングやリリース度合いが重要となる。結果は、新R25が圧勝。これはサスの影響が大きい。よく動き、コシがある倒立フォークは、前輪のグリップ力を引き出し、タイヤがロックしにくい。ABS介入のタイミングは遅く、制動を抜く間隔も自然。このコントロール性は秀逸で、後輪を浮かせるストッピーも唯一できた。ただし、ディスクが冷えていると効きが弱いのは難。旧型は同じブレーキだが、サスが柔らかいため、距離が伸びた。

CBRとニンジャは、ABSの介入が早く、制動を抜く間隔もタタタタと短い。そのため、制動距離が伸びる結果に。CBRはFフォークの踏ん張りがR25より弱いが、安定感はある。ニンジャは特にABSのリリースが速く、サスが硬いため、リヤが跳ねるのだが、初期から制動力は抜群。公道では安全な側面もある。

QSTARZ LT-Q6000S:80km/hはキュースターズで統一

写真をまとめて見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します