サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレン、WECに興味も”ハイパーカー”は手が出ず。IMSAとの連携を期待

ここから本文です
 マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、FIA世界耐久選手権(WEC)で2020-2021年シーズンからスタートするLMHクラスについて、財政的に参戦が厳しいと考えているようだ。

 一方で、北米のIMSAウェザーテックスポーツカー選手権が2020年に導入する予定のDPi 2.0規則について、LMHクラスとの統合をFIAやWECプロモーターであるACO(フランス西部自動車クラブ)、そしてIMSAが検討していることを、ブラウンは歓迎している。それが実現した場合、それぞれのマシンがお互いのシリーズに参戦することが可能になるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ