現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「Aichi Sky Expo」で初開催! 名古屋会場独自のイベントも実施された「人とくるまのテクノロジー展 2023 NAGOYA」

ここから本文です

「Aichi Sky Expo」で初開催! 名古屋会場独自のイベントも実施された「人とくるまのテクノロジー展 2023 NAGOYA」

掲載
「Aichi Sky Expo」で初開催! 名古屋会場独自のイベントも実施された「人とくるまのテクノロジー展 2023 NAGOYA」

■名古屋会場だけの特別展示も実施

 公益社団法人自動車技術会が主催する「人とくるまのテクノロジー展 2023 NAGOYA」が、2023年7月5日から7日まで3日間にわたって愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo」(愛知県国際展示場)にて開催されました。

自動運転の車内で快適な仮眠体験も! 6万人以上が駆け付けた!「人とくるまのテクノロジー展2023 横浜」

 本イベントは、昨年までは名古屋市の「ポートメッセなごや」でおこなわれていましたが、今回中部国際空港(セントレア)島内にある日本初の空港直結の国際展示場である「Aichi Sky Expo」で初めて開催されました。来場者は会期3日間で2万5497人と昨年より約1万人弱増加したとのことです。

 人とくるまのテクロノジー展は5月に横浜会場でも開催されましたが、名古屋会場だけの企画として「新技術搭載車両展示」と「自動運転AIチャレンジ企画」がおこなわれました。

「新技術搭載車両展示」は各メーカーの乗用車、大型トラック、2輪車などがブース別ではなく展示ホール内に共同で展示され、来場者が気軽に見学、また一部の車両は乗り込みもOKという形式で実施されました。そのなかでも特に注目を集めていたのが、燃料電池を搭載した日野自動車の水素(FC)トラック「プロフィア Z FCV プロトタイプ」のシステム始動デモです。

 環境省と日野自動車のデータによると、自動車が排出するCO2のうち30%が大型トラックによるもので、カーボンニュートラルに向けた取り組みは乗用車だけでなく大型トラックも含めた対応が必要となっています。長距離輸送を担う役割の多い大型トラックのEV化については、航続距離確保のための大容量電池搭載、またそれに伴うコスト増、重量増、長時間の充電の必要などの面から難しいといわれているなか、FC(水素)トラックが注目されています。

 この車両は大型トラック プロフィアをベースに、新たに開発された高圧(700Mpa)水素タンクを車両に計6本、トヨタFCスタックを2機、後輪2軸に各モーターを搭載し、都市圏・市街地走行モードでの社内測定値で約600kmの航続距離を実現しているとのことです。

 充填(じゅうてん)口は車両左側に設けられ、計6本のタンク満充填をより素早くおこなえるようノズルが2本同時に挿せる方式となっています。現状では、水素スタンドの設備側の問題で1本ずつの充填となりますが、今後のインフラ拡充を想定して車両側の装備を先行させた形です。

 会場では、走行はしないものの実際にシステムを起動するデモがおこなわれました。スイッチをONにするとシステムが起動、しばらく時間がたったのちにスタンバイ状態となり、わずかにスタックの作動音がするだけで動き出せる状態に。通常の大型トラックであれば、ディーゼルエンジンの大きな音が目立つところで、無音で動き出しスタンバイとなるのはかなり新鮮な印象です。もちろん排ガスは出ず、排出されるのは水だけです。実際に車両下部から水が排出される様子も確認できました。

「エンジンを搭載しないことによる振動の軽減、また走行中のシフトチェンジが必要なくなる点は、ドライバーの負担軽減にもつながります」と日野自動車の説明員は話します。なお、実際の走行の際には、周辺の安全も考慮し、ハイブリッドやEV車にも搭載される疑似走行サウンドが流れるとのことです。

■夏涼しく、冬は暖かい! AGCの最新ガラス技術

 ガラス素材メーカーであるAGCブースでは、自動車・モビリティ向けに多くの製品を展示。レクサスRZに採用されている「Low-Eコート付き調光パノラマルーフ」の実物が展示されていました。

 Low-Eは低反射の略称で、ガラスに特殊金属コーティングを施すことで優れた遮熱・断熱性能を発揮。夏は涼しく、冬は暖かさを保つことで、開放感をそのままに車室空間を快適に保つことが可能となっています。

 また、スイッチひとつで瞬時に透過光を調整可能な調光タイプとなっており、従来のガラスルーフ車両で必需品だったサンシェードを廃止。これはコスト削減、車体の軽量化、また頭上空間の確保にもつながるとしています。現地ブースではこの「Low-Eコート付き調光パノラマルーフ」の実物が展示されていました。

 このような多機能なガラスは相当に分厚いのではという先入観とは裏腹に、実際の製品はとても薄いことに驚きました。また、まぶしさを低減するために調光モードとなっている場合は、完全にシェードが覆われているような状態ですが、そこからスイッチの切り替えひとつで通常のガラスルーフのような透過モードに変わります。これはガラス内に特別なフィルムが挟まれ、そこに電圧を加えることでガラスが透明になる原理を生かしています。

 機能の拡充についてはOEメーカー(採用する自動車メーカー)の要望によって変わってくるとのことでしたが、クルマの機能の充実に期待感を抱かせる新技術でした。

 AGCのブースでは、ADAS(先進運転支援システム)関連製品である「FIRカメラ搭載フロントガラス」も注目されていました。FIRは遠赤外線の意味で、夜間にヘッドライトの照射範囲よりも遠い場所の人間や物体が検知可能となり、「ナイトビジョン」という名称で採用されている例もあります。 

 最近の可視型ADASカメラはフロントガラス上部に取り付けられる場合が多いのですが、FIRカメラはフロントグリルやバンパー内に搭載される例がほとんどでした。これはフロントガラスの透過率をクリアできる基準だと、FIRカメラの光を通すことができず、機能を働かせることができなかったためです。

 AGCはその課題に対し、FIRカメラの照射範囲のみを別部材のガラスに組み替えることで、フロントガラス室内側上部へのFIRカメラ搭載を実現。1枚モノのフロントガラスの一部のみを素材変更することは、生産性や耐久性など課題が多くあったそうですが、それらをクリアすることによって、上方位置への搭載が可能になり、より遠方の認識が可能になりました。またワイパーの作動範囲内であることから、悪天候時のカメラ前の洗浄なども別機器で対策する必要がなく、コストダウンも図れるようになったとのことです。

 フロントガラス上部には、現在ADAS関連のさまざまなカメラ、センサーが搭載されるようになり、いわゆる「場所取り合戦」状態となっていますが、AGCは自社の高いガラス技術を用いることでADAS関連製品の普及に貢献することを考えており、「FIRカメラ搭載フロントガラス」は2027年に量産採用実施を目指し、引き続き開発を進めるとのことです。

こんな記事も読まれています

【大阪府 堺市】70年以上守り抜いたあっさり出汁のカレーうどん【寄り道したいご当地グルメ】
【大阪府 堺市】70年以上守り抜いたあっさり出汁のカレーうどん【寄り道したいご当地グルメ】
グーネット
道具不要で着けられる!布製タイヤチェーンに最新モデル マックスウィン 【動画あり】
道具不要で着けられる!布製タイヤチェーンに最新モデル マックスウィン 【動画あり】
グーネット
王座逃したマルティン「僕のせいだった。いつか世界チャンピオンになると約束した」/第20戦バレンシアGP
王座逃したマルティン「僕のせいだった。いつか世界チャンピオンになると約束した」/第20戦バレンシアGP
AUTOSPORT web
メルセデス・ベンツ 新型「GLC」にPHEVモデル追加 EV航続距離は118キロに
メルセデス・ベンツ 新型「GLC」にPHEVモデル追加 EV航続距離は118キロに
グーネット
クルマ好きは「限定」に弱い!? ディーラーは台数限定車の販売に苦労するワケって何よ
クルマ好きは「限定」に弱い!? ディーラーは台数限定車の販売に苦労するワケって何よ
ベストカーWeb
30系アルファード/ヴェルファイアのカーナビを大画面に!専用11型ナビ登場 アルパイン
30系アルファード/ヴェルファイアのカーナビを大画面に!専用11型ナビ登場 アルパイン
グーネット
モデリスタ仕様で新型ランドクルーザー70を本格的クロカンスタイルに!専用カスタムパーツ公開
モデリスタ仕様で新型ランドクルーザー70を本格的クロカンスタイルに!専用カスタムパーツ公開
グーネット
新型キックスのテスト写真ゲット!! 次もタイ生産も内装デザイン大幅レベルアップの予感
新型キックスのテスト写真ゲット!! 次もタイ生産も内装デザイン大幅レベルアップの予感
ベストカーWeb
彼女のBMW「640グランクーペ」は大人シャコタン! 購入半年あまりでワンオフ仕様満載に仕上げました
彼女のBMW「640グランクーペ」は大人シャコタン! 購入半年あまりでワンオフ仕様満載に仕上げました
Auto Messe Web
MotoGP:2024年の暫定エントリーリストが発表。3クラス78名がフル参戦し、日本人は6名が継続
MotoGP:2024年の暫定エントリーリストが発表。3クラス78名がフル参戦し、日本人は6名が継続
AUTOSPORT web
【23’ 11/27最新】レギュラーガソリン3週連続の値上がり 補助金減額が影響
【23’ 11/27最新】レギュラーガソリン3週連続の値上がり 補助金減額が影響
グーネット
三菱デリカD:5の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」が登場。デリカD:5の一部改良も実施
三菱デリカD:5の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」が登場。デリカD:5の一部改良も実施
カー・アンド・ドライバー
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
グーネット
宮田莉朋が加入するFIA F2チーム『ロダン・カーリン』とは。過去には日本人ドライバーが多数在籍
宮田莉朋が加入するFIA F2チーム『ロダン・カーリン』とは。過去には日本人ドライバーが多数在籍
AUTOSPORT web
【インタビュー】岩佐歩夢、F1マシンで初走行へ「FIA F2で培ってきた経験をどれくらい活かせるのか楽しみ」
【インタビュー】岩佐歩夢、F1マシンで初走行へ「FIA F2で培ってきた経験をどれくらい活かせるのか楽しみ」
AUTOSPORT web
6速MTあり! めちゃ小さいのに“ゴツゴツ仕様”な「新型コンパクトSUV」公開! “悪路走破性”高めた特別な「限定モデル」まもなく発売へ
6速MTあり! めちゃ小さいのに“ゴツゴツ仕様”な「新型コンパクトSUV」公開! “悪路走破性”高めた特別な「限定モデル」まもなく発売へ
くるまのニュース
佐藤琢磨のシーズンオフは各イベントに大忙し。コロナ禍明けで数年ぶりに東奔西走も来季シートは未定
佐藤琢磨のシーズンオフは各イベントに大忙し。コロナ禍明けで数年ぶりに東奔西走も来季シートは未定
AUTOSPORT web
宮田莉朋の2024年FIA F2参戦チームはロダン・カーリン。チームメイトは元レッドブル育成のマロニー
宮田莉朋の2024年FIA F2参戦チームはロダン・カーリン。チームメイトは元レッドブル育成のマロニー
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.0940.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

850.01050.0万円

中古車を検索
RZの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

880.0940.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

850.01050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村