サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ&カリーナの光と影 トヨタのビッグネームの系譜がまた途絶えた!!

ここから本文です

コロナ&カリーナの光と影 トヨタのビッグネームの系譜がまた途絶えた!!

 

プレミオとアリオンが3月末で生産終了

【前編】佐藤琢磨×原田哲也対談 「オレと琢磨が同じレースで走ってたら、絶対ケンカになるね(笑)」

 昨年トヨタは今年3月末でプレミオ、アリオン、プリウスαの3車種を生産終了することを公表している。プレミオはコロナ、アリオンはカリーナの後継モデルで、栄光のコロナ&カリーナの系譜が途絶えることになる。かつては日本車の中心的存在だったのに、いつから輝きを失ったのか? その光と影にスポットを当てていく。

文/片岡英明
※ベストカー2021年3月26日号より転載

【画像ギャラリー】コロナ&プレミオ計13代とカリーナ&アリオン計9代の系譜を一挙公開!!

■すでにコロナもカリーナも存在しないが、いつから輝きを失ったのか?

 ダットサンの対抗馬として1957年5月に投入したのが、トヨペット「コロナ」だ。クラウンの下のクラスを受け持つファミリーカーで、’59年夏に登場するブルーバードとは宿命のライバルになる。両車は半世紀にわたって「BC戦争」と呼ばれる熾烈な販売合戦を繰り広げた。

コロナが初めて販売ナンバーワンに輝いた3代目は若者からも大人気

 コロナがベストセラーカーの座に就くのは、’64年秋に登場した3代目の時だ。洗練されたデザインに加え、日本初のハードトップや使い勝手のいい5ドアセダンなどを投入し、マイカーブームに火をつけた。また、女性層のハートをも射止めている。人々を魅了したコロナは、55万台を超える販売台数を記録。これ以降はコンサバな設計を貫き通し、保守派のファンを上手に引きつけた。

 コロナとともに忘れることができない個性派が「カリーナ」だ。’70年12月、カローラの上のスポーティセダンとしてトヨタ店に送り出された。プラットフォームやパワートレーンはセリカと同じだったから「足のいいやつ」という謳い文句が評判を呼んでいる。

 ’72年12月、2ドアハードトップと4ドアセダンにDOHCエンジンの1600GTを設定。こだわり派のヤングの取り込みにも成功し、販売台数を伸ばした。

 後半は排ガスや安全対策、オイルショックなどの対応に追われたが、上手に対応し、7年近くも第一線で活躍を続けた。

 この時期のコロナは4代目だが、上にマークIIを設定したため穏やかな性格になっている。

5代目コロナは、安全性能と排ガス対策をメインにまじめなクルマ作りに徹した

 ’73年8月に登場した5代目は予防安全を前面に押し出し、衝撃吸収バンパーや警告ランプを組み込んだOKモニターを採用した。

 コロナ、カリーナ両車とも排ガス対策にも本腰を入れている。

■コロナ、カリーナとも日本人を魅了し続けた

 初代カリーナは、年に10万台前後の販売を記録し、時には兄貴分のコロナを打ち負かした。

初代カリーナは、セリカとパーツを共用し、2ドアセダンと4ドアセダンを設定

 これに続く2代目と3代目も、躍動感あふれるルックスを受け継いだ。ちなみに3代目はコロナとメカニズムを共有し、スポーティな走りに磨きをかけている。また、ワゴンの「サーフ」も新鮮さをアピールした。

 カリーナに肉薄されたコロナは、’82年に送り出した7代目で路線の転換を図り、日本初のツインカムターボなどを投入する。

 ’83年に新規デザインの5ドアを投入したが、駆動方式はキャビンを広くできる前輪駆動だ。秋にはFF方式の4ドアセダンが加わり、正式に8代目コロナを襲名したのである。

 ’85年は両車にとって節目の年だった。セリカがFFスペシャルティカーに生まれ変わったのを機に、コロナにFFの2ドアクーペを、カリーナには4ドアHTの「ED」を設定している。

カリーナEDは背の低い4ドアハードトップブームの火付け役として大ヒット

 そして’87年に登場した9代目コロナと’88年に登場した5代目カリーナではFFの共通プラットフォームを採用。

 ’89年秋、カリーナEDも第2世代に移行し、これを機に双子車のコロナはクーペを廃してEXiVを誕生させた。コロナとカリーナが栄華を誇ったのはここまでだ。

■1990年代以降急激に輝きを失った

 ’90年代になると、週休二日制の定着やアウトドアブームの到来により、セダンとクーペはユーザーから敬遠されるようになった。

 ’92年にコロナとカリーナは相次いで新型になり、新たにフルタイム4WDも送り込んだ。だが、若者離れ、セダン離れは止まらず、販売台数は前作の半分に激減する。

7代目カリーナはコロナにない5MTのGTを設定していた

 そこで軌道修正し、’96年1月に登場する11代目はコロナプレミオを名乗っている。半年後に登場した7代目カリーナもセダンだけに絞った。

 21世紀になるとコロナはプレミオと改名し、44年、11代でコロナの名が消滅する。カリーナも7代で絶え、アリオンとして新たなスタートを切ることになった。

 両車ともミドルクラスでは希少となった5ナンバーサイズの小型車枠を守り通した実用性の高い4ドアセダンだ。

 デビュー時は買い得感の高さと使い勝手のよさがウケ、好調な販売を記録した。その後も年間10万台近くの販売を記録し、’07年には第2世代になっている。良質な小型車が少数だったこともあり、ベテランの人たちに愛された。

 だが、販売は下降線をたどったため、’21年3月をもってプレミオとアリオンは生産を終了する。

2代目プレミオは、セダン受難時代の影響を最も受けたクラスで、このモデルで消滅

 トヨタを引っ張り続けた5ナンバーサイズの名車が密かに消えていくのは、コロナ、カリーナの輝いていた時代を知っている世代としては、とても悲しい。

【画像ギャラリー】コロナ&プレミオ計13代とカリーナ&アリオン計9代の系譜を一挙公開!!

 「コロナ&カリーナの光と影」は2月26日発売『ベストカー』(2021年3月26日号)からの転載です。雑誌には、歴代モデルの「キャッチフレーズ&CMキャラクター」をまとめた一覧表付き。「コロナ&カリーナの派生車」も紹介しています。雑誌もお楽しみいただけますと幸いです。

 2021年3月26日号では、ほかにも気になる記事が盛りだくさん。スクープ「セリカ復活の動きも!?カローラ1.6ターボの衝撃!!トヨタ 加速するスポーツ&電動化戦略」をはじめ、新旧対決で日本車の進化を検証した渾身の特集「21世紀に入って早20年が経過 20世紀最後のクルマvs21世紀最新のクルマ」や、高速道路120km/h時代を迎えた軽自動車の性能をテストする「新東名で実走テスト 軽自動車100km/h vs 120km/h」、人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」など幅広い世代が楽しめる読み物を掲載しています。

『ベストカー』(2021年3月26日号)の購入はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します