サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産車体、営業益9割減----受注台数やモデルミックス悪化 2021年3月期決算

ここから本文です

日産車体、営業益9割減----受注台数やモデルミックス悪化 2021年3月期決算

日産車体は5月14日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。売上台数減少などにより、営業利益は前期比94.8%減の4億8300万円と大幅に悪化した。

2021年3月期会計年度は、日産自動車から受注している自動車は緩やかな生産回復基調にあるものの、年度前半での大幅な減産が響き、売上台数は同26.3%減の13万4410台。これに伴い、売上高も同27.3%減の3628億6900万円となった。

営業利益は売上台数、モデルミックスの悪化による粗利益の大幅な減少などにより、同94.8%減の4億8300万円、経常利益は同79.9%減の19億7300万円となった。純利益については、固定資産の減損損失の計上などによって特別損失増加したことなどで、同67.1%減の19億1700万円となった。

今期の業績見通しについては、売上高は前期比13.7%増の4126億4000万円、営業利益は78億円、経常利益は同328.1%増の84億5000万円、純利益は同174.2%増の52億6000万円を見込む。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します