サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマハ発 四輪EV向けモーター 試作開発受託を開始 ターゲットは高性能スポーツカー

ここから本文です

ヤマハ発 四輪EV向けモーター 試作開発受託を開始 ターゲットは高性能スポーツカー

ヤマハ発 四輪EV向けモーター 試作開発受託を開始 ターゲットは高性能スポーツカー

 ヤマハ発動機は4日、四輪電動車向け高性能電動モーターユニットの試作開発受託を開始すると発表した。エンジン開発で培った技術や生産力を応用して、納入先のニーズに合わせた高性能モーターを供給する。電動車用モーターは多くの自動車メーカーが内製化するが、ヤマハ発が提供するモーターは少量生産の高性能スポーツカーなどを想定する。

 同社がエンジン開発で培った鋳造技術や加工技術と高効率なセグメントコンダクタの採用によって、コンパクトさと高出力を両立したモーターを実現した。

ヤマハ発、四輪EVモーター開発

 モーターの最高出力は35~200キロワットと幅を持たせ、最高出力や冷却方式を納入先の要望に応じて変更できるようにした。また、二輪車をはじめとする少量多品種に対応してきた生産技術を生かし、短時間での試験開発を可能とする。

 モーターユニットは、外販向けエンジンなどを開発するモビリティ技術本部AM開発統括部が担当する。トヨタ自動車の高性能スポーツカー「レクサスLFA」などを開発した部署で、新たな高性能パワートレインの供給を目指しモーターユニットの開発に着手した。AM開発統括部の原田浩之業務部長は「マス(量産)を狙わずに少量高付加価値モーターをニーズに合わせて短期間で提供する」と述べた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します