サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジャガー・ランドローバー、「ディフェンダー」ベースに燃料電池車を開発 年末からテスト走行

ここから本文です
 ジャガー・ランドローバーは、SUV「ディフェンダー」をベースにした燃料電池車(FCV)のプロトタイプを開発し、2021年末に英国でテスト走行を実施すると発表した。同社は36年までに販売するモデルの走行中の排出ガスをゼロにする「プロジェクト・ゼウス」を推進しており、FCVの開発もこの一環。

 開発中のFCVのプロトタイプであるディフェンダーは水素を燃料として走行中の排出ガスがゼロ。マレリ・オートモーティブ・システムやAVL、デルタ・モータースポーツなどが開発に協力している。21年末にテスト走行を開始し、オフロード性能や燃費などの特性を検証する。

おすすめのニュース

サイトトップへ