サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ダカールラリー2021】ペテランセルが4年ぶり8回目の四輪総合優勝…MINIが連覇、トヨタ奪冠ならず2位

ここから本文です
ダカールラリーの2021年大会が現地15日、サウジアラビアのジェッダでフィニッシュした。四輪総合優勝はS. ペテランセルで、自身4年ぶり8回目、二輪を含めると14回目のダカール制覇となった。MINIが連覇を飾り、奪冠を狙ったトヨタはN.アルアティアの2位が最高。

四輪総合優勝争いは後半戦、首位ステファン・ペテランセル(MINI)と2位ナッサー・アルアティア(トヨタ)による一騎打ちの形勢で推移した。ペテランセルはステージ優勝こそ1回ながら、シュアでクレバーなリードを守る戦いを展開し、自身4年ぶり8回目の四輪総合優勝を達成。

おすすめのニュース

サイトトップへ