サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 衛星データとAIで駐車場用スペースを検出 akippaなどプログラムを開発

ここから本文です

さくらインターネット、Ridge-i (リッジアイ)、akippaは、共同で衛星データとAIの画像認証技術を活用して、駐車場用のスペースを自動検出する初期プログラムを共同開発したと発表した。

さくらインターネットはインターネットインフラサービスや衛星データプラットフォームの提供、リッジアイはAI・ディープラーニング技術のコンサルティングと開発を手がけている。

効率的に新たに駐車場として活用できる遊休地を見つける新しい手法として衛星データと機械学習・ディープラーニングの技術を活用して特定エリアの「自動車駐車場用スペースの候補を自動検出するプログラム」を開発した。

おすすめのニュース

サイトトップへ