サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファタウリ・ホンダのガスリー「今季ベストのパフォーマンスで6位をつかんだ」接触のアロンソには謝罪/F1第16戦

ここから本文です

 2021年F1トルコGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは6位でフィニッシュ、8点を獲得した。

 スタート直後にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)との間に接触が起き、これを審議された結果、「ガスリーに大部分の責任がある」と判断されて、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。

【角田裕毅F1第16戦密着】ハミルトンを相手に8周目まで粘るも「十分じゃなかった」と悔しさを滲ませたトルコGP

「ガスリーがターン1に差し掛かった時、イン側には(セルジオ・)ペレス、アウト側にはアロンソがいた」とスチュワードの声明には記されている。

「両者が接触したコーナー出口の時点で、アロンソはガスリーよりも少し前に出ていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ