サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが2021年にあらゆるモノやサービスが情報でつながる実証都市「コネクティッド・シティ」を静岡・裾野市に建設

ここから本文です

トヨタは、2020年1月7日(火)~10日(金)に米国ネバダ州ラスベガスで開催したCES 2020にて、人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。

本プロジェクトでは、2020年末に閉鎖予定のトヨタ自動車東日本 東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用して、将来的に175エーカー(約70.8万m2)の範囲において街づくりを進めるべく、2021年初頭に着工する予定という。

トヨタが早期普及に本腰を入れる「燃料電池車」の今後の課題

今後、様々なパートナー企業や研究者と連携しながら、新たな街を作り上げていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ