サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 生きとったんかCBR1000RR!! 北米では600RRと1000RR-Rの中間的な位置づけに!

ここから本文です

幅広いユーザーに対応するダブルアール

限定30周年カラー!! ホンダ新型「CBR1000RR-R/SP」登場、パワー特性もリファイン

ホンダは、北米で2022年モデルの一角を発表した。その中には、CBR1000RR-Rファイアーブレードに役目を引き継ぎ、フェードアウトしていくものと思われていたCBR1000RRの姿があった。SPモデルの設定はなく、ABSの有無で2バージョン。価格はCBR600RRとCBR1000RR-Rの中間よりも少し安い。

おすすめのニュース

サイトトップへ