サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキから電気SUVが登場!? クーペスタイルと融合した「FUTURO-e」世界初公開へ

ここから本文です

スズキから電気SUVが登場!? クーペスタイルと融合した「FUTURO-e」世界初公開へ

■加速する電動化の波にスズキは「電気自動車SUV」で対抗か

 スズキのインド法人は2020年1月21日に、新たな電気自動車のSUVモデルコンセプト「FUTURO-e」を同年2月にインドで開催される「オートエキスポ 2020」で世界初公開すると発表しました。

スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 このFUTURO-eは、クーペスタイルとSUVをあわせ持つモデルの電気自動車で、スズキの次世代モビリティソリューションに位置付けられる、コンセプトモデルです

 独特のクーペシルエットと大胆なプロポーションを備えたFUTURO-eは、特徴的なキャラクターデザインを表現。光の相互作用を強調するユニークな塗装仕上げにより、細部まで作り込まれたディテールが、視覚的に動きある不思議な印象を演出しています。

 シンプルでありながらパワフルなデザインと前後ライトの特徴により、現代の自動車エコシステムとの魅力的な視覚的つながりを構築するといいます。

 インド法人のマルチ・スズキ・インディアでエンジニアリングのシニアエグゼクティブディレクターを務めるCV Raman氏は、次のように話します。

「FUTURO-eは、インドの自動車市場に対するマルチ・スズキのビジョンを表したものです。FUTURO-eのデザインはグローバルな感性を備えたインドの自動車としての地位を確立します。

 FUTURO-eのデザインは、自然界に存在する地質有機構造からインスピレーションを得ており、その美しさはシンプルさと壮大なディテールから明らかです。これは、主流のSUVアーキテクチャからの大幅な逸脱であり、インドのユーティリティビークルの設計水準を引き上げることが期待されています」

※ ※ ※

 世界的には、テスラ「モデルS」、フォルクスワーゲン「ゴルフe」など、多くの電気自動車が市販化されています。

 また、国産自動車メーカーでも、三菱「i-MiEV」、日産「リーフ」はすでに販売され、ホンダ「ホンダe」やマツダ「MX-30」などの投入も迫っているほか、トヨタも小型EVを投入する計画を明らかにしています。
 
 同じく今回のスズキも2017年には、インド市場向けの電気自動車を投入するためにトヨタと協力体制を構築することがアナウンスされていました。そのため、FUTURO-eがそのベースになるとの見方もあるようです。

 なお、FUTURO-eの日本市場への導入は明らかになっていませんが、今後国内外の自動車メーカーが電動化を加速させていくなかで、FUTURO-eはスズキの電動モデルの柱となっていくのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します