サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】FIM、若手ライダーの事故死多発を受け参戦可能年齢を引き上げ。Moto2&Moto3は18歳以上に

ここから本文です
 モーターサイクルレースの統括団体であるFIM(国際モーターサイクリズム連盟)は22日、若手ライダーの事故死が続いていることを受け、各カテゴリーの参戦最低年齢の引き上げを決定した。

 2021年シーズンのモーターサイクルレースでは、若手ライダーが命を落とす事故が続発した。5月にはMoto3クラスのジェイソン・デュパスキエ(享年19歳)が亡くなり、7月にはヨーロピアン・タレントカップでウーゴ・ミリャン・ガルシア(享年14歳)、さらに9月のSSP300ではディーン・ベルタ・ビニャーレス(享年15歳)と、立て続けに若いライダー達がクラッシュによって、この世を去っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン