サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 法的効力はある? 道路の「自転車マーク」の勘違いで起こるトラブルとは

ここから本文です

法的効力はある? 道路の「自転車マーク」の勘違いで起こるトラブルとは

■自転車ナビマーク/自転車ナビラインは「自転車専用」を意味しない

「自転車ナビマーク/自転車ナビライン」に沿って自転車を運転していた人が、後方から来たバスと接触事故すれすれになり、バス運転手とトラブルになった動画がSNSで拡散され、テレビでも取り上げられるなど話題となっています。

駐車場で隣のクルマがドアパンチ! 傷は確認できないけど、警察を呼んでもいいの?

 自転車ナビマーク/自転車ナビラインは、都市部を中心に多くの車道で見かけますが、そもそも法律的にはどのような意味合いを持つのでしょうか。

 自転車ナビマーク/自転車ナビラインは、おもに車道の左側端や交差点に描かれており、自転車マークと矢印を組み合わせて描かれたのが自転車ナビマーク、青色の矢羽が描かれたのが自転車ナビラインとなります。

 デザイン的には、いかにも“自転車優先”あるいは“自転車専用”という意味を感じさせる自転車ナビマーク/自転車ナビラインですが、じつは法律上の効力はないものだといいます。

 警視庁によると自転車ナビマーク/自転車ナビラインは法令上で自転車を保護するという目的はなく、また新たな交通方法を意味するものではないと説明しています。

 運用ルールとしては自転車が通行すべき部分(車道の左側)及び進行すべき方向を明示するものであることに違いはありません。

 一方、自転車ナビマーク/自転車ナビラインの設置されている車道の左端をバイクなどが走行していたとしても、法律上の定めがないことから道路交通法に違反することはありません。

 自転車に乗る人が自転車ナビマーク/自転車ナビラインの表示された道路を走るときは一般的な道路と同様に、法定又は道路標識などの交通規制に従うこととなります。

 クルマに乗るドライバーの立場からは、自転車ナビマーク/自転車ナビラインの有無に関わらず、車道走行する自転車や交差点左折時の巻き込み事故に十分気をつけなければならないことには変わりありません。

■自転車同士の追い越しは違反? 自転車に乗る人が守るべきルールとは

 一方、自転車ナビマーク/自転車ナビラインと似た道路の表示として、車道のもっとも左側の路面に「自転車専用」と書かれた道路標示や、道路標識が設置されていることがあります。これは自転車ナビマーク/自転車ナビラインとどう異なるのでしょうか。

 警察庁は「自転車専用」などと描かれた道路標示などについて、次のように説明します。

「『自転車専用』の通行帯は、正しくは「普通自転車専用通行帯」といい、これは道路交通法第20条第2項に基づく道路規制です。車両通行帯の設けられた道路において、普通自転車が通行しなければならないと指定された車両通行帯を意味しています。

 そのため、普通自転車専用通行帯を原動機付き自転車や自動二輪車が通行した場合は、道路交通法第20条第2項違反が成立します」

※ ※ ※

 自転車ナビマーク/自転車ナビラインと似た標示ですが、表示内容によってまったく意味合いが異なることがわかります。

 ちなみに、クルマのドライバーが運転中にヒヤッとすることのひとつに、車道左端を走行する速い自転車が遅い自転車を追い越し、クルマの走行ラインへ膨らむことが挙げられます。これは、違反ではないのでしょうか。

 警視庁の担当者は次のように説明します。

「自転車同士の追い越しは、それ自体は違反にはなりません。

 自転車がほかの自転車と並んで走る場合は『並進通行』という違反行為にあたりますが、これはある程度の距離を並んで走らなければ該当せず、追い越し並んでいる時間がわずかなので、とくに問題ありません。これは自転車レーンのある道でも同様です。

 ただし追い越しの際に周囲の確認が不十分で、後方のクルマの通行を妨害してしまった場合は、妨害した行為が違反にあたります」

※ ※ ※

 クルマも自転車も交通マナーを守ることは必須です。しかしそれだけでなく、周囲の状況を正しく把握することと、同じ道路を走る者同士の配慮を怠らないことが、安全な交通社会をつくる一歩といえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します