サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > デイトナ24時間予選:マツダ77号車が2年連続のポールポジション! 小林可夢偉擁するキャデラック10号車は5番手

ここから本文です
 2020年のIMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権の開幕戦であり、世界三大耐久レースのひとつに数えられるデイトナ24時間レース。その予選が行なわれ、昨年に続いてマツダ・チーム・ヨーストの77号車(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス/オリビエ・プラ)がポールポジションを獲得した。

 77号車を駆るジャービスは、1分33秒711というタイムをマーク。昨年自身が記録したレコードタイム(1分33秒685)には届かなかったものの、ファン・パブロ・モントーヤがドライブし2番手となったアキュラ・チームペンスキー6号車に0.443秒差をつけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン