サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 25台限定の最新ファンカー、ゴードン・マレー”T.50s ニキ・ラウダ”発表。価格は4億円超え!

ここから本文です

 F1の伝説的なマシンデザイナーであるゴードン・マレーが率いるゴードン・マレー・オートモーティブは、市販スーパーカーの『T.50』のサーキットバージョン『T.50s ニキ・ラウダ』を発表した。

 このスーパーマシンは、2019年に亡くなったF1の伝説的ドライバーであるニキ・ラウダに因んで名前がつけられた。これには、ラウダの家族も「完全にサポート」しているという。

■「彼無しで成功はなかった」ラウダの死を悼むハミルトン、過去のメッセージは“宝物”か

 ラウダは1978年と79年にブラバムのマシンを駆ってF1に参戦。この時のマシンデザイナーがマレーだった。その中でも特に有名なのは、1978年のスウェーデンGPで走らせ、勝利を収めたブラバムBT46B。

おすすめのニュース

サイトトップへ