サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルーキー初優勝の大津弘樹「自分の持っている力を発揮することしか考えていなかった」【第6戦もてぎ決勝トップ3会見】

ここから本文です
 10月17日にツインリンクもてぎで開催された2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦。決勝レースをポール・トゥ・ウインで制し、ルーキーイヤーで初優勝を飾った大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)と、2位の阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、3位の牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)という若手3名に加え、TEAM MUGENの田中洋克監督が決勝後の会見でレースを振り返った。

大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)
決勝:優勝
「本当にうれしいの一言に尽きます。

おすすめのニュース

サイトトップへ