現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マセラティのオープンスポーツ「MC20 チェロ」が「オートモービルカウンシル 2023」で日本初公開!

ここから本文です

マセラティのオープンスポーツ「MC20 チェロ」が「オートモービルカウンシル 2023」で日本初公開!

掲載 3
マセラティのオープンスポーツ「MC20 チェロ」が「オートモービルカウンシル 2023」で日本初公開!

貴重なミストラルスパイダーとともに、マセラティのオープンカーの歴史がわかる展示を実施中

マセラティは2023年4月14日(金)、新型スパイダーである「MC20 チェロ」を初めて日本で一般公開した。今回初公開されたのは、新色である「アクアマリーナ」をまとった限定車「MC20 チェロ プリマセリエ ローンチ エディション (PrimaSerie Launch Edition)」。2023年4月14日(金)~16日(日)にかけて開催中の「オートモビルカウンシル 2023」で展示中だ。

マセラティがGTチャンピオンシップに復帰! サーキットで初の「GT2」マシンでテスト走行を実施

マセラティの新時代を代表するヘイローカー「MC20」に、イタリア語で「空」を指す「チェロ (Cielo)」という言葉が交錯した名前を持つ一台、MC20チェロは正統なスーパースポーツカーとしてのパフォーマンスと、未だかつてない「運転する悦び」を全身で感じることのできる唯一無二のモデル。

マセラティのグラントゥーリズモの精神を象徴し、ブランドにとって完璧なスパイダーを目指したモデルであり、ダイナミックなパフォーマンスのみならずクーペに乗っているかのような心地よいドライビングを満喫することができる。

ガラスルーフには高分子分散型液晶(PDLC)技術を使用し、センタースクリーンのボタンに触れるだけで一瞬にして透明からスモークガラスの状態へと変化する、最先端のエレクトロクロミック(スマートガラス)ウィンドウを採用。格納式ガラスルーフは開閉速度(わずか12秒)と、同セグメント最高レベルのスピードを誇る。これらの技術が凝縮されたことで、スモークガラスの状態では包み込まれるような感覚、ルーフが透明な状態では光があふれるような「空の美しさを楽しむ感覚」、ルーフトップを格納すれば、風と外の世界をオープンエアーで全身に感じることができる。

【写真20枚】100%メイド・イン・イタリーの「MC20チェロ」 

MC20チェロはマセラティ・イノベーション・ラボで開発され、悠久の歴史を持つヴィアーレ・チーロ・メノッティ工場で生産される新型スパイダーは、クーペタイプと同様に100%メイド・イン・イタリーを保証。今回展示されているMC20チェロは、専用アイテムを装備したMC20 チェロ限定車「プリマセリエ ローンチ エディション (PrimaSerie Launch Edition)」だ。

ボディにはMC20チェロ専用の新色アクアマリーナを採用し、新デザインの20”インチのネロ・マット(マットブラック)のホイールには特徴的なホワイトゴールドで「PrimaSerie」の文字が、レーザー彫刻されている。また、ボディのバッジはゴールドの特別仕上げが施された。インテリアはアイスカラーのアルカンターラとレザーで覆われ、アクアマリーナのコントラストステッチがダッシュボードだけでなく、ヘッドレストの「PrimaSerie」の文字にも施されている。

アクアマリーナのほか、エクステリアカラーはグリージョ・インコーニト(パステルグレー)、ビアンコ・アウダチェ(白)、ジャッロ・ジェニオ(黄色)、ロッソ・ヴィンチェンテ(赤)、ブルー・インフィニート(青)、グリージョ・ミステーロ(グレー)から選ぶことができる。

インテリアは、エレガントとスポーティネスを兼ねそろえたラインによって表現される一方、純粋に機能性を追求。全面的な合理化を経て、ミニマリストを思わせるインテリアには10インチパネルが2台設置され、中央に配置されたパネルの1つ目はコックピット用、2つ目はMaserati Touch Control Plus(MTC Plus MIA)用となっている。

今回初のお披露目に際し、冒頭でマセラティアジアパシフィック統括責任者兼マセラティジャパン代表取締役社長の木村隆之氏が登壇し、MC20チェロのプレゼンテーションを行った。

続いて新たにマセラティ ジャパン業務執行取締役 ジャパン ジェネラルマネージャーに就任した玉木一史氏が登壇し「レースカーメーカーとして生まれたマセラティにとって、軽量、低重心、かつ"風を感じて走る"オープントップのスポーツカーは常に重要な存在でした。さらに、今回ブランドの新時代の幕開けを象徴し、日本でも高い注目と多くのご注文をいただいているクーペタイプのMC20のオープンバージョンが登場したことによって、今後さらに日本においてマセラティブランドが強固なものになっていくと確信しています」とコメントした。

MC20チェロのオーダーや詳細に関するお問い合わせは、マセラティ正規ディーラー、maserati.com、またはカスタマーコールセンター(フリーダイヤル:0120-965-120 ※9時~18時半/年末年始を除き無休)まで。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

マツダ“新”「小さな高級SUV」発表! 全長4.4m級「ちょうどイイサイズ」に上質内装採用! 新型「CX-30」機能向上し発売
マツダ“新”「小さな高級SUV」発表! 全長4.4m級「ちょうどイイサイズ」に上質内装採用! 新型「CX-30」機能向上し発売
くるまのニュース
ガソリンが腐るって本当!?バイクを長期保管するには
ガソリンが腐るって本当!?バイクを長期保管するには
バイクのニュース
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
【ホンダ フリード 新型】CROSSTARのインテリアでゆったりした気持ちになれる
レスポンス
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
都心のど真ん中で初の開催! 全日本カート選手権EV部門を「シティサーキットTOKYOベイ」で実施
LE VOLANT CARSMEET WEB
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
レスポンス
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
motorsport.com 日本版
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
WEB CARTOP
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
くるまのニュース
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
AUTOSPORT web
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
乗りものニュース
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
VAGUE
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!?  5500万超えの最強モデルとは
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!? 5500万超えの最強モデルとは
くるまのニュース
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
motorsport.com 日本版
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
モーサイ
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

3件
  • このカラーはレギュラー色ではないんですね。4,000万超えのクルマは流石に買えませんが、何故かチェロはこの色が似合うように思えました。
  • 2年後くらいにこれに乗り換えようかな。
    副燃焼室を持つV6ツインターボ仕様だがマセラティのクオリティ次第では見送りですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2188.03950.0万円

中古車を検索
MC20の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2995.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2188.03950.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村