サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カワサキ「バリオス2」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

ここから本文です

カワサキ「バリオス2」/250cc・4気筒バイクを振り返る!【絶版名車解説】

Kawasaki BALIUS II/ZXR譲りの高回転型エンジンを搭載
カワサキは1989年にデビューさせたゼファーを大ヒットさせることで、現在まで続くネイキッドスポーツというジャンルを確立させた。

しかし、ゼファーシリーズは最初の400を皮切りに、750、1100とラインアップを拡充してさらなる人気を得たが、250ccネイキッドではバンディット、ジェイドに先行されてしまう。そんなライバルたちに対向するため、1992年に満を持してカワサキがデビューさせたモデルが初代バリオスだった。

開発者に聞いた、ヤマハ「セロー250 ファイナルエディション」

空冷直4エンジンやダブルクレードルフレーム、Z2を思わせるクラシカルなスタイルで人気となったゼファーから一転、バリオスは250ccレプリカの中でも高いパフォーマンスを誇るZXR250のエンジンをベースに中低速重視にリファインした水冷直4エンジンを採用。

スタイルもカウルを備えずスチール製のダブルクレードルフレームではあるものの、そのデザインはゼファーのような懐古主義的なものではないシャープなイメージ。リアサスペンションも現代的なモノサスとされ、ライバルたちより高回転型で甲高い独特なサウンドを発するエンジンと合わせ、走りを重視した造りによって人気を集めた。

1993年モデルでの最高出力45PSから40PSへの引き下げなどを経て、1997年にバリオスIIへモデルチェンジ。

まさに今回撮影したのがこのモデル、基本的なスタイリングなどはバリオスから受け継がれているが、その最大の変更点はリアサスペンションがモノサスからオーソドックスな二本サスへ変更されたこと。

加えて、キャブレターをスロットルポジションセンサー付に変更し、エンジンのレスポンスを向上。さらにポジション設定の変更なども行われてより扱いやすさも増し、250ccネイキッドの定番として2007年型まで販売されていた。

カワサキ バリオス2 主なスペックと発売当時の価格(1997年2月)
エンジン型式 水冷4ストDOHC4バルブ並列4気筒
総排気量 249cc
内径×行程 49.0×33.1mm
圧縮比 12.2
最高出力 40PS/15000rpm
最大トルク 2.4kg-m/10000rpm
燃料供給方式 キャブレター[CVK30]
変速機型式 常噛6段リターン
全長×全幅×全高 2070×735×1055mm
軸間距離 1400mm
シート高 745mm
乾燥重量 147kg
燃料タンク容量 15L
タイヤサイズ(前・後) 110/70-17・140/70-17
当時価格 50万9000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します