サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA、アントワーヌ・ユベール死亡事故の調査結果を発表。複数の要因により、事故の重大性が上がったと結論

ここから本文です

FIA、アントワーヌ・ユベール死亡事故の調査結果を発表。複数の要因により、事故の重大性が上がったと結論

FIA、アントワーヌ・ユベール死亡事故の調査結果を発表。複数の要因により、事故の重大性が上がったと結論

 昨年、F1ベルギーGPの併催レースとして行われたFIA F2。そのフィーチャーレースの2周目に、アントワーヌ・ユベールが死亡し、ファン-マヌエル・コレアが重傷を負うという事故が起きた。FIAはこの事故について発生直後から調査を進めてきたが、その結果を2月7日(金)に公開した。

 これによれば、ウォールにクラッシュし、コースの中央にほぼ静止していたユベールのマシンに、コレアのマシンは218km/hもの速度で激突したという。これによってユベールのマシンには、81.8Gもの衝撃が及んだようだ。

■F2、故アントワーヌ・ユベールの名を冠した新人賞を創設。周冠宇が初代受賞者に

 FIAは「単一の特定の原因はないが、複数の要因が事故の重大性を引き上げた」とし、「イエローフラッグシグナルやコース上の状況に応じて適切に対処しなかったドライバーがいたという証拠はない」と結論付けた。またコースマーシャルやレースコントロール、レスキュー作業についても「タイムリーで、素晴らしかった」とみなされた。

 以下FIAが発表した調査結果のレポート、日本語訳である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します