サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SBI損保・JATTO・DRPネットワーク、電子制御装置整備で提携 損保業界初 エーミングに特化したネットワーク構築

ここから本文です
 損害保険業界がエーミング(機能調整)作業に対応する整備ネットワークづくりに乗り出した。SBI損害保険(五十嵐正明社長、東京都港区)と日本技能研修機構(JATTO、石川明男代表理事)、DRPネットワーク(津島信一社長、東京都葛飾区)は14日、都内で記者会見し、先進安全自動車(ASV)の電子制御装置整備で提携すると発表した。損保会社とエーミング作業に特化した整備ネットワークが組むのは初となる。

 11月以降に発売される新型乗用車への緊急自動ブレーキ搭載の義務化などで、事故車修理時などにセンサーのエーミングが必要な車両が今後増加する。

おすすめのニュース

サイトトップへ