サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MIRAIやアウトランダーなどデカカッコいい次世代エコカー【期待大のEVたち】

ここから本文です

MIRAIやアウトランダーなどデカカッコいい次世代エコカー【期待大のEVたち】

ガソリンやディーゼルエンジンなど昔からあったパワートレインに加えて、今や電気で走るクルマが買える時代。電気だけで走るEV、エンジンを発電機として使うプラグインハイブリッド、水素を燃料に使用する水素自動車と電気を使うクルマも種類が増えてきた。そこで、今買える&間も無く登場するEVを写真でご紹介!

イケメンに成長した次期MIRAI

ロックダウンの街ではプリウスPHVが強かった!「アンダー・ザ・ドーム」【ドラマ映画に登場するクルマたち】

全長4890x全幅1815x全高1535mmの現行モデルと比べると、ひとまわり大きくなる次期MIRAI。イメージ的にはトヨタ クラウンとレクサス LSの中間といったイメージだ。

12.3インチの大型モニターなど、車内も一新する。それに加え、プラットフォームも現行プリウスや次期ハリアーと同じTNGAを採用、それゆえに走行性能も大幅向上が期待できるだけに登場が楽しみだ。

ドデカく進化するMIRAI! 水素自動車の“未来”はこうなる▼

インパネに注目! 日産の次の一手はGT-R顔負けのハイパワーEV

ディテールはこのまま市販化してもいいほどの完成度だ。ボディサイズは全長4600mm×全幅1920mm×全高1630mmで、エクストレイルよりも少し大きめ。

大きなモニターを2枚組み合わせたど迫力の車内にも注目。ちなみに、車内には一切ボタンがないのが特徴!

アリアは、2020年後~2021年初頭にも市販化されるというから楽しみだ。

アリアってどんなクルマ? コンセプトモデルから徹底予測▼

次期アウトランダーPHEVはネガ払拭! デザインもサイズもイイ

東京モーターショー2019で日本デビューを果たした三菱 エンゲルベルグツアラーは次期アウトランダーPHEVのコンセプトモデルだ。

現行モデルのネガであった乗車人数を5→7人となるなど、今流行の3列SUVとなって生まれ変わる。

発売日は不明ながら、2020年後半というウワサも。

新型アウトランダーってどうなるの? 詳しい情報はコチラ▼

【筆者;MOTA編集部】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します