サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東芝、自動車業界向け「分散・連成シミュレーションプラットフォーム」を発売 遠隔での共同デジタル試作を実現

ここから本文です
東芝デジタルソリューションズは、サイバー空間上で企業の枠を超えた車載システムの共同デジタル試作を可能にする「分散・連成シミュレーションプラットフォーム」(ベネットDCP)の販売を開始する。

近年、車載システム開発では開発効率を高めるため、車載部品のモデルや、自動車を取り巻くさまざまな交通環境を模擬した外界のモデルによるシミュレーションを用いた、モデルベース開発が急速に普及している。一方、自動運転のように多数の部品やシステムを相互連携する近年の自動車では、実車評価段階ではじめて「仕様の不備」や「仕様の誤解や見落とし」などがわかり、開発の後戻りが発生することもある。

おすすめのニュース

サイトトップへ