サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2021年F1第15戦予選はタイヤ選択で明暗。ノリスがハミルトンに2秒差つけてPP獲得【ロシアGP予選】

ここから本文です
2021年9月25日に行われたF1第15戦ロシアGP予選は、雨上がりの難しいコンディションとなり、急速に路面状況が改善する中、最後のアタックのタイミングで上手くドライ用のソフトタイヤに交換したマクラーレンのランド・ノリスが初のポールポジションを獲得した。ここまで好調だったメルセデス勢はソフトタイヤへの交換に手間取り、ルイス・ハミルトンの4位にとどまった。最後尾スタートが決まっているマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はリスクを冒すことなく予選を切り上げた。

おすすめのニュース

サイトトップへ