サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > XJ650ターボ、CBX400F、モトコンポなど、現代に復活して欲しいバイクが多数登場!【日本バイク100年史 Vol.025】(1982年)<Webアルバム>

ここから本文です
1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ヤマハRZ50 1981年6 月
50ccクラス初となる水冷エンジンは、安定した吸入気が得られる吸気デバイスYEISを装備し、90km/hに迫るトップスピードと好燃費を両立した2ストピストンリードバルブの単気筒。

おすすめのニュース

サイトトップへ