サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ベンツもBMWも真っ青!? マツダCX-60の直6ディーゼルは日本車の大革命なのか

ここから本文です

ベンツもBMWも真っ青!? マツダCX-60の直6ディーゼルは日本車の大革命なのか

 日本仕様がやっとこさ公開されたマツダ 新型CX-60。注目は縦置きエンジンやプラットフォームがすべて新開発であること。そしてマツダ初のプラグインハイブリッドが設定される点にある。その反面、価格の上昇は避けられないとも言われていたが、かなりのバーゲンプライスで登場するというウワサも!! だからこそ大注目なのだ。

 一方、欧州をはじめとする各メーカーがEVにシフトしつつある今、直6エンジンを新開発なんて時代錯誤では? と一部で叫ばれているのだった。今回はドイツにて約10年近くモータージャーナリストとして活躍した欧州通に、新型CX-60の魅力を語ってもらった。もしかするとBMWやメルセデス・ベンツといったプレミアムブランドたちが驚愕するほどのデキだったというが、果たして。

ベンツもBMWも真っ青!? マツダCX-60の直6ディーゼルは日本車の大革命なのか

文:竹花寿実/写真:マツダ・ベストカーWEB編集部

衝撃の力作! マツダの新縦置きエンジンは世界中に影響を与える可能性大

ひと足先に北米市場にてCX-50を販売しており、絶好のセールスを記録中。これから出るモデルたちもこの勢いに続けるか!?

 4月7日に発表された、マツダの新型SUV「CX-60」は、「MAZDA」ブランドを新たなステージに上昇させる可能性を大いに感じさせるモデルだ。このCX-60を皮切りに、マツダは今後、CX-70、CX-80、CX-90と、サイズやパッケージングが異なるミッドサイズSUVを、日本やヨーロッパ、北米の各市場に投入する予定だが、世界中の競合ブランドに戦慄が走る事になるかもしれない。

 発表の半月ほど前、筆者は山口県にあるマツダの美祢試験場でメディア向けに開催された「MAZDAラージ商品群技術フォーラム」に参加し、そこでCX-60のプロトタイプをテストする機会があった。試乗車は、まだ車両全体にカモフラージュが施された状態で、インテリアもディテールは隠されているような状態だったが、その走りは凄まじく衝撃的だったのだ。

もはやSUVにあらず! 新型CX-60の走りは衝撃レベルの実力

 新型CX-60は、新しいマツダの「ラージ商品群」の第一弾である。新開発の直6ディーゼルエンジンが大きな注目を集めているが、縦置きプラットフォームやシャシー、マイルドハイブリッドシステム、PHEVシステム、トルクコンバーターレス8速AT、AWDシステムなど、ほぼすべてが新たに開発された、かつてないほどの意欲作である。

今後投入されるCXシリーズはすべて電動化がなされる。ガソリンモデルだってマイルドハイブリッドなのだ

 そしてその中心にあるのが、マツダの開発フィロソフィーである「人間中心の開発哲学」だ。今回試乗した3.3L直6ディーゼルエンジンを搭載した48Vマイルドハイブリッドの「e-SKYACTIV D」。そして2.5L直4ガソリンエンジンを積んだPHEVの「e-SKYACTIV PHEV」も、走りの力強さと滑らかさ、俊敏で正確なハンドリング。さらにはフラットな乗り心地と優れた静粛性による高い快適性が、これまでSUVに対して抱いていたイメージをはるかに凌駕していて、まさにマツダが謳う「走る歓びのさらなる進化」が具現化されていたのである。

まるで高級サルーンばりの走り!! マイルドハイブリッドとは思えないスムースな走りが自慢

 個人的に特に感心させられたのは、3.3L直6ディーゼル+48Vマイルドハイブリッドのe-SKYACTIV Dだ。事前に受けたレクチャーでは、「大排気量化と多気筒化により、トルクアップとていうかの高効率領域を拡大し、ごく低回転域の非効率領域を小さな電気モーターでアシストすることで、環境性能を向上させたモデル」と聞いていたのだが、実際にステアリングを握ってみると、パワートレインもシャシーも驚くほどパワフルかつ高レスポンス。全長4.7m強、全幅1.9m弱の大柄なボディを全く意識させない、スポーティな走りと、直6ならではの極めてスムーズな乗り味を味わわせてくれたのだ。

 また特筆すべきは、加減速時に全くと言って良いほどピッチング方向の動きを感じさせない車体の挙動だ。これは前後サスペンションの作動軸を合わせるとともに、ピッチングセンターを車両の後方に設定する事で実現したもの。結果として走行中は常にフラットな姿勢を保つ事に成功している。バウンシングや振動もピタッと抑えられているので、まるでラージクラスのラグジュアリーサルーンのような乗り心地が味わえるのである。

EVシフトに待ったなるか!? デカいのに19km/Lという低燃費が超魅力的

 これほど上質感に溢れた走りを実現しているとなると、おそらくヨーロッパや北米でも驚きを持って市場に迎えられるはずだ。正直に言ってこのクラスでCX-60に動的質感の点で匹敵するモデルは見当たらない。このCX-60のe-SKYACTIV Dでドイツのアウトバーンを走ったら、1日1000kmでも苦にならないだろう。しかも、燃費は19km/Lに迫るのだから、財布にも環境にもエコだ。EVへの乗り換えに二の足を踏んでいるユーザーや、「やはりEVは不便」と感じているユーザーに大きくアピールするはずだ。

日本仕様の内装は明らかとなっていないが、メーター内には大型モニター。そしてベンチレーションシートなど高級車さながらの機能が自慢

 デザインの点でもCX-60は、さらに一段ステップを上った様に感じる。この記事の執筆時点で筆者は、先行して発表されたヨーロッパ仕様の画像しか見ていないが、マツダの「魂動デザイン」は、CX-60でさらに洗練されつつ、SUVならではの力強さと、プレミアムカーレベルの精緻な作り込みが感じられるものに進化している。海外試乗において、「MAZDA」は以前から「走りが良くてスタイリッシュなクルマを作るブランド」として認知されているが、今後はここに「とても上質な」というイメージが加わることだろう。

欧州は燃料も電気代も高騰中……今こそマイルドハイブリッドを再注目すべき時

BMWをはじめとする欧州プレミアムブランドたちはEVにシフトしつつある。だが、マツダは真逆ともいえる手法で勝負に出るのだ

 欧米諸国がEVラインアップの拡大に向けてフルスイング状態の中に、48Vマイルドハイブリッドとはいえ、まさかの新開発直6ディーゼルエンジンというのも、強烈なインパクトだ。ウクライナ危機の影響で、ヨーロッパは燃料価格が高騰し、軽油1Lが日本円で300円近くにまで値上がりしているが、値上がりしているのは電気代も同じ。またバッテリーの原材料も価格が高騰しているので、EVの普及には大きなブレーキがかかり始めているのだから。

 その点、48VマイルドハイブリッドやPHEVは、ピュアEVよりバッテリー原材料価格の変動の影響は受けない。また再生可能燃料の普及を目指す「eFuelアライアンス」に参加しているマツダだけに、今後登場するラージ商品群のモデルは、バイオ燃料や合成燃料への対応も考慮されている。2050年のカーボンニュートラルへ向けて、EVだけじゃない、オルタナティブな方法論を提示する大きな契機になるかもしれない。すでにICEの開発をストップしたいくつかのメーカーが悔しがる姿が目に浮かぶ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら