サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズCEO、ラッセルのメルセデスF1移籍を望む「若いドライバーを引き止めることはしない」

ここから本文です

 ウイリアムズのCEOを務めるヨースト・カピートは、2022年のジョージ・ラッセルのメルセデス移籍をサポートするとし、ラッセルはトップチームでタイトル争いをする準備ができていると主張している。

 メルセデスのジュニアドライバーとして、ラッセルはウイリアムズからF1にデビューし、現在チームで3シーズン目を迎えている。

ラッセルがメルセデスで2022年用18インチF1タイヤのテスト。フェラーリとマクラーレンも走行

 だがパドックに広がっている噂では、ラッセルは来シーズンにメルセデスに移籍し、バルテリ・ボッタスと入れ替えられるだろうと言われている。

おすすめのニュース

サイトトップへ