サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > WEC第3戦、7号車トヨタ GR010ハイブリッドが接戦を制す。8号車はトラブルに見舞われ33位【モンツァ6時間】

ここから本文です
2021年7月18日、WEC世界耐久選手権第3戦モンツァ6時間がイタリア・モンツァで行われ、ポールポジションからスタートした7号車トヨタGR010 HYBRIDがアルピーヌとの接戦を制して今季初勝利をあげた。開幕から2連勝でのぞんだ8号車はテクニカルトラブルに見舞われ失速したが、トヨタは開幕から3連勝を飾ることになった。

7号車トヨタ優勝も、8号車はトラブルで大きく後退
フロントロウを独占して迎えた決勝レース、トヨタGR010 HYBRIDは意外な苦戦を強いられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン