サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 歩く速度で人に寄り添う、自動運転の警備・配送ロボット…ZMP

ここから本文です
ZMPは5月18日、東京ドームシティ・プリズムホールで開幕した「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022」に出展、自動運転の技術を活用したロボットなどを紹介している。

展示されたのは、「歩行速ロボ三兄弟」と名付けられた自動運転の3種類のロボットと電動車いす。いずれも、最高時速6kmという、歩く速度に近い速さで移動し、可愛らしい見た目や音声で人の生活に寄り添いうように作られている。3Dセンサーやレーザーセンサーなどを駆使し、安全に自動運転するモビリティやロボットで、さまざまな活用方法について実証実験が重ねている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン