サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ゼンリンのHDマップ、日産 アリア のプロパイロット2.0に採用

ここから本文です
ゼンリンは4月27日、同社の「3D高精度地図データ(HDマップ)」が日産自動車が販売するクロスオーバーEV(電気自動車)『アリア』の高速道路走行時の運転をサポートする運転支援技術「プロパイロット2.0」に採用されたと発表した。

ゼンリンの3D高精度地図データは、ダイナミックマップ基盤の3次元地図共通基盤データをベースに、ゼンリンが独自に収集・整備した情報を加えた地図データとなる。今回、3D高精度地図データを車両に搭載されたカメラ、センサーと組み合わせて使用することで、車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を高い精度で把握できるとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ