サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 川崎重工:国内メーカー初の商用化に向けた新型水素液化機の実証実験を開始

ここから本文です
川崎重工は、商用化に向けた新型水素液化機による実証試験を播磨工場で開始した。新たに開発した水素液化機は、川崎重工が2014年に開発した従来機より液化効率を約20%向上させ、業界トップクラスの性能を達成した。実証試験(液化能力 約5トン/日)は、2020年5月まで連続運転を実施し、商用機としての性能を確認後、営業活動を開始する。

 水素は、使用時に温室効果ガスが発生しないクリーンなエネルギーとして、発電用や燃料電池車用などの燃料として普及が見込まれている。

おすすめのニュース

サイトトップへ