サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オリジナルのケンメリGT-Rがカスタムカーの祭典に降臨! あえて錆もそのままにした貴重な個体の中身とは【東京オートサロン2022】

ここから本文です

排ガス規制の影響を受けた悲運のGT-R

 古くからの日産ファンにとって、直列6気筒DOHC24バルブのS20型エンジン(最高出力:160ps/7000rpm)を搭載しているハコスカ時代のスカイライン2000GT-R(PGC10型・1969年登場/KPGC10型・1970年発売)と、ケンメリ時代のスカイライン2000GT-R(KPGC110型・1973年登場)は特別な存在だ。

生産台数197台!排ガス規制で短命に終わった悲運のGT-R「KPGC110」

 ハコスカは1968年に発売された3代目スカイライン(C10型)のことで、ケンメリは1972年に登場した4代目スカイライン(C110型)のことである。

おすすめのニュース

サイトトップへ