サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ ヴィッツはカタログ価格より約40万円高くなる!?実際に見積りをとってみた!

ここから本文です

トヨタ ヴィッツはカタログ価格より約40万円高くなる!?実際に見積りをとってみた!

1999年の発売以来、トヨタを代表するコンパクトカーとして絶大な人気を誇るVitz(ヴィッツ)。2005年に2代目、2010年に3代目を発売し、その良さは更新され続けています。そして2020年2月には新しい名称 ヤリスとしてデビューを飾ります。そんなヤリスの登場を目前にした2020年1月にヴィッツの見積もりをとってきました。文・PBKK

トヨタ Vitz(ヴィッツ)ってどんなクルマ?

【徹底解説】新型 トヨタ ヤリスってどんな車?グレードや外装・内装、カラーバリエーションや装備…販売時期は?

ヴィッツは、毎年の売上上位に入るコンパクトカーの王道。燃費性能や個性的なデザインやコンパクトカーでありながら充実した車内空間、それに加えてJNCAP予防安全性能評価で高い評価を獲得した安全性など、人気の秘訣は多岐に渡ります。
燃費はハイブリット車で34.4km/Lとなり、競合車っと比較してもトップクラスの性能。1.5Lエンジンを採用することで高いエンジン効率を実現しています。さらに昇圧コンバーター付パワーコントロールユニットとハイブリッドトランスアクスルの軽量化に成功しています。
ハイブリット車とガソリン車共通となる安全性能も注目ポイント。踏み間違いによって起きる衝突を回避、軽減するインテリジェントクリアランスソナーや時速50km以上の走行時に白線を逸脱する恐れがあるとアラートで知らせてくれるレーンディパーチャーアラートなどの安全機能でドライブをさらに快適にしてくれます。
そんなトヨタが何年も培ってきた技術の結晶を詰め込んだヴィッツで今回見積もりしたのは、「F Safety Edition III」。Fグレードをベースに、実績あるトヨタの安全技術を6つも追加した特別仕様車です。では、見積もりの詳細を見ていきましょう。

トヨタ Vitz(ヴィッツ)「F Safety Edition III」の見積もりは198万8057円!

メーカー:トヨタ
車種:Vitz(ヴィッツ)
タイプ: F Safety Edition III
トランスミッション:AT
外装色:ダークブルーマイカ
内装色:ブラック
付属品:ナビレディセット(4万7300円)・フロアマット(1万6500円)・サイドバイザー(1万4300円)・ETC2.0ユニット(3万9600円)・ETCセットアップ手数料(2750円)・エントリーナビ(11万9900円)

【見積り内容】
車両本体価格:159万9400円
自動車税:2500円
自動車税環境性能割:1万4300円
自動車重量税:1万6800円
自賠責保険料:3万6780円
OSS申請代行費用:3万2387円
資金管理料金:290円
その他費用合計:2000円
検査登録手続代行費:2950円
車庫証明手続代行費用:2600円
リサイクル預託金:9000円
シュレッダーダスト料金:9000円
エアバッグ類料金:1930円
フロン類料金:1650円
情報管理料金:130円
資金管理料金:290円
メンテパスポート:13万2100円
保証がつくしプラン:6600円
メーカーオプション価格:4万7300円
付属品合計:19万3050円
諸費用合計:25万8307円
予想値引き額:10万円(店舗による)
支払い総額:199万8057円

F Safety Edition IIIは、通常グレードの安全性能だと万が一が不安だなという気持ちを払拭してくれる一台ではないでしょうか。2020年2月からヤリスへと改名するため、ヴィッツを新車で購入できるのはあとわずかとなります。お求めの方は早めの購入がオススメです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します