現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昭和にブイブイ言わせてた「おっさん走り屋」がカムバックして「なんじゃこりゃ」! いまどきスポーツカーの「衝撃必至」な進化ポイント6つ

ここから本文です

昭和にブイブイ言わせてた「おっさん走り屋」がカムバックして「なんじゃこりゃ」! いまどきスポーツカーの「衝撃必至」な進化ポイント6つ

掲載 更新 45
昭和にブイブイ言わせてた「おっさん走り屋」がカムバックして「なんじゃこりゃ」! いまどきスポーツカーの「衝撃必至」な進化ポイント6つ

 この記事をまとめると

■ガソリン車が消える前にもう一度スポーツモデルに乗ることを検討するクルマ好きは少なくない

そんなものに頼るならAT車に乗れ! めちゃめちゃ便利だけどつけて欲しくないMT車のお助け装備2つ

■久しぶりにスポーツモデルに乗ると、昔のモデルとの違いに驚くことがある

■この記事では具体例を挙げて解説する

 変速すると回転を自動で合わせてくれる!?

 若かりし頃、スポーツカーやスポーティカーを愛し、マニュアルミッションでブイブイ言わせていたオッサンが、ガソリン車がなくなる前にもう一度、ガソリンエンジンのスポーツカー、スポーティカーにカムバックしたい!! と考えたくなるのも無理はない。本当に、新車で乗るなら今しかないのである。

 ところが、70~90年代の国産スポーツカー、スポーティカーしか知らないオッサンが、現在の国産スポーツカー、スポーティカーにいきなり乗ったとすると、その進化、というより違いに驚くかも知れない。

 たとえば、昔のスポーツカーのエンジンは、ほとんどが高回転型。低回転域ではトルクが細く、MT車だと発進やノロノロ運転時には、ペダルワークに気を遣ったものだ。ところが、たとえば最新のトヨタGR86、スバルBRZに乗ったとすれば、2.4リッターに排気量アップされたD4-Sと呼ばれる水平対向エンジンは、約7400回転までスッキリ回る高回転型でありながら、低速域~中速域のトルクアップが果たされ、ATは当然として、MTでもじつに扱いやすく、走りやすくなっているのだ。それも、高回転のパンチを失わずに、である。

 MTの進化も著しい。一般的なMTでも、今は6速の多段タイプが当たり前で、なおかつ軽いタッチで操作できるとともに、シフト時のノイズまで低減。ガチャガチャしたシフトとはもはや無縁と言っていい。

 さらに、トヨタのi-MTである。カローラスポーツ1.2リッターのマニュアル車から、最新かつ本気のスポーツモデルであるGRヤリスのマニュアル車などに搭載されているのだが、トヨタとアイシンが開発したi-MT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)は、i-MTスイッチを押すことで、6速i-MTがスタンバイ状態になり、変速操作を行うとエンジン回転数を合わせるように制御。スムースな変速をアシストしてくれるのだ。つまり、久しぶりにMTに乗ったとしても、ギクシャクしないということ。とはいえ、オフにもできるところが、トヨタのスポーツカー、スポーティカーに対する考え方。そんなもん、いらない、というドライバーもいるわけで……。

 もう歳だから、スポーツカーやスポーティカーに乗るにしても、ATがいいかも知れない。でも、ダルいATはゴメンだ!! そんなドライバーも、現在なら心配無用。VWのDSGに代表される2ペダルのマニュアルミッションもあるし、なんとGRヤリスのダイレクトシフトCVTはパドルシフトも可能な10速!! スポーツシーケンシャルシフトマチックである。10速、ですよ~。これなら、CVTとはいえ、かなりダイレクト感ある走行性能が楽しめるというわけだ。

 現行スポーツモデルは「決して高くない買い物」

 しかも、MTでやっかいな坂道発進を支援してくれる電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能まで完備しているスポーツカー、スポーティカーもある。停止後、自動的にブレーキを作動してくれて、アクセルを踏むまで保持。発進にはクラッチ操作が必要なものの(3ペダルのMTだから当然)、クラッチを戻し、アクセルを踏めば楽々、発進できるというわけ。

 そうそう、現代のクルマには、高速走行を楽にしてくれる、ACC(アダプティブクルーズコントロール)が付いていることが多い。以前はAT車、2ペダルのマニュアル車だったものが、今ではMT車にも付けられるようになっている。カムバック系おっさん走り屋にとっての70~90年代のクルーズコントロールと言えば、車速を一定に保つだけの機能だったはずだが、今は違う。前車に追従し、車速を自動的にコントロール。ペダル操作不要でそれができるのだから(ATと違い、ギヤチェンジが必要な場面ではギヤチェンジしなくてはならないが)、高速走行は楽々、安全(追突防止という意味でも)だ。

 というわけで、現代のスポーツカー、スポーティカーはあらゆる面で進化。カムバック系おっさん走り屋なら、それを実感する感動さえ、手に入るということだ。もっとも、初代サバンナRX-7が100万円台中半、初代ユーノスロードスターもまた100万円台から買えたことからすれば、今のスポーツカーは、たとえばマツダ・ロードスターのベースグレード、S 6速MTで263.35万円、特別仕様車の990S 6速MTで289.3万円。GRヤリスの4WDなら396万円から。先代は若者が手に入れやすかった価格だったトヨタ86=GR86も、一般ユーザー向けのベースグレードとなるSZで300万円オーバー。日産GT-Rに至っては1000万円オーバーだ。

 久しぶりにスポーツカー、スポーティカーの価格表を見て、70~90年代と比較して驚くかも知れないが、走行性能が飛躍的に高まり、機能、装備、安全性能が大きく進化し、充実しているのだから、物価上昇を考えてもそれは当然。純ガソリンエンジンのスポーツカー、スポーティカーが、もう何年かすると新車で手に入れられなくなるとすれば、決して高くない買い物と考えるのが正解ではないだろうか。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

車内キャンプができちゃうね! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
車内キャンプができちゃうね! ダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
物流危機は「M&A」で解決できるのか? 「日本企業は買収下手」説の実態とは? 成功と失敗の分かれ目を探る
物流危機は「M&A」で解決できるのか? 「日本企業は買収下手」説の実態とは? 成功と失敗の分かれ目を探る
Merkmal
三菱自動車と博報堂がタッグ! アウトドアに特化したプラットフォームビジネスを行う新会社「NOYAMA」を設立
三菱自動車と博報堂がタッグ! アウトドアに特化したプラットフォームビジネスを行う新会社「NOYAMA」を設立
くるまのニュース
ボンネットに巨大ダクト!! 264馬力をFFで支える[マツダスピード アクセラ]! 中古なら80万円ってマジ!?
ボンネットに巨大ダクト!! 264馬力をFFで支える[マツダスピード アクセラ]! 中古なら80万円ってマジ!?
ベストカーWeb
【ポイントランキング】2024年F1第13戦ハンガリーGP終了時点
【ポイントランキング】2024年F1第13戦ハンガリーGP終了時点
AUTOSPORT web
ピアストリがF1初優勝。残り3周で順位を入れ替えた露骨なチームオーダーの怪【決勝レポート/第13戦】
ピアストリがF1初優勝。残り3周で順位を入れ替えた露骨なチームオーダーの怪【決勝レポート/第13戦】
AUTOSPORT web
実は登場に大きな意味を持ってた!? 世界一の燃費性能を誇った[アクア]!! 誕生に込められた想いとは
実は登場に大きな意味を持ってた!? 世界一の燃費性能を誇った[アクア]!! 誕生に込められた想いとは
ベストカーWeb
くるまりこちゃん OnLine 「おそうじロボット」第106回
くるまりこちゃん OnLine 「おそうじロボット」第106回
ベストカーWeb
ダンロップ あらゆる路面にシンクロする次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発売
ダンロップ あらゆる路面にシンクロする次世代オールシーズンタイヤ「シンクロウェザー」発売
グーネット
夏のキャンプに涼しい一工夫!大型ウイングタープ&ジムニー用多機能シェード新登場
夏のキャンプに涼しい一工夫!大型ウイングタープ&ジムニー用多機能シェード新登場
グーネット
斎藤愛未が2連勝。2位以下はペナルティの波乱で富下李央菜、平川真子が今季初の表彰台【KYOJO CUP第3戦】
斎藤愛未が2連勝。2位以下はペナルティの波乱で富下李央菜、平川真子が今季初の表彰台【KYOJO CUP第3戦】
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア後
【ポイントランキング】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア後
AUTOSPORT web
魅力いっぱい、夏の車中泊!経験者が語る、マストの暑さ対策とは? NEXERとグーネット調査
魅力いっぱい、夏の車中泊!経験者が語る、マストの暑さ対策とは? NEXERとグーネット調査
グーネット
未来のS2000? 最新の自動運転車? 窓もなければドアもない! ホンダが公開したこの「車両」はいったい何?
未来のS2000? 最新の自動運転車? 窓もなければドアもない! ホンダが公開したこの「車両」はいったい何?
ベストカーWeb
Team HRC高橋巧、最多勝利更新とホンダ30勝に安堵「ここをスタートにさらに記録を刻みたい」/鈴鹿8耐 決勝トップ3会見
Team HRC高橋巧、最多勝利更新とホンダ30勝に安堵「ここをスタートにさらに記録を刻みたい」/鈴鹿8耐 決勝トップ3会見
AUTOSPORT web
日本を代表する伝統的スポーツカー、日産 フェアレディZの歩み【名車の生い立ち】
日本を代表する伝統的スポーツカー、日産 フェアレディZの歩み【名車の生い立ち】
グーネット
「ルーキーらしさをぶちかましちゃった」「次は手が震えないように」「そういう顔になるよな」【SF Mix Voices 第4戦決勝】
「ルーキーらしさをぶちかましちゃった」「次は手が震えないように」「そういう顔になるよな」【SF Mix Voices 第4戦決勝】
AUTOSPORT web
三菱がクルマのギモンに答えます!「2024年 小学生自動車相談室」開設
三菱がクルマのギモンに答えます!「2024年 小学生自動車相談室」開設
グーネット

みんなのコメント

45件
  • うん分かった。でも気を遣いながらガチャガチャ運転するのが楽しい五十路です!
  • そういったおっさん走り屋でも「なんじゃこれ」な装備を、絶対にいらんわと言う人もいれば、いいなこれとばかりに活用する人もいる。

    それだけの話だ。
    どちらが正解ではない。クルマ好きのベクトルがちょっと違うだけだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

293.6399.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索
GR86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

293.6399.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

215.9777.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村