サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ウーブン・キャピタル、米国の車両フリートソフトウェアプラットフォーム開発企業に出資

ここから本文です

ウーブン・キャピタル、米国の車両フリートソフトウェアプラットフォーム開発企業に出資

グローバル投資ファンド、ウーブン・キャピタルは6月17日、フリート事業のデジタルトランスフォメーションおよびIoTオートメーションのプラットフォーム企業、米国Ridecell社に出資を行ったと発表した。

ウーブン・キャピタルは、世界最先端の安全でスマートなモビリティの創造を目指すウーブン・プラネット・グループの一角を担うグローバル投資ファンドとして2021年1月に設立。モビリティ、自動化、人工知能、データアナリティクス、コネクティビティ、スマートシティ等の分野におけるグロースステージの企業が対象で、運用総額は8億米ドル(約810億円)。

Ridecell社はフリート事業におけるデジタルトランスフォメーションを推進している企業。同社が提供するオートメーションやモビリティプラットフォームは、データからのインサイトとデジタルなフリート車両制御を組み合わせ、既存のマニュアルな作業を自動化されたワークフローに変えることで、フリート事業の先進化・収益化を実現する。シェアードサービス、社用車、レンタカー、物流車両の効率を大幅に改善し、デジタルでコントロールできるようになる。同社のプラットフォームは米国・欧州で、AAAのGig Car Share等、様々なフリート事業に活用されている。

ウーブングループでは、今回の投資に加え、今後モビリティサービスの分野にて、Ridecell社との協業も検討していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します