サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECオースティン予選:エンジンブロー乗り越え、レベリオンがポール獲得

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権第5戦、オースティン6時間レースの予選が夕暮れのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行なわれ、レベリオン・レーシング1号車(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノーマン・ナトー)がポールポジションを獲得した。

 2度のプラクティスではトップタイムを記録したレベリオン1号車だったが、FP2でエンジンブローに見舞われてしまった。チームは迅速な作業でエンジンを交換。予選にマシンを間に合わせた。

■トヨタ、LMDhクラス車両の開発は検討せず「我々のニーズに合っていない」

 まずはメネゼスが1号車のアタックを担当。タイヤをロックさせ、スモークを上げる場面もあったが、1分47秒674をマークした。

おすすめのニュース

サイトトップへ