サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EV大国の中国からの刺客が上陸! 日本のバス業界が中華製EVバスに独占される可能性

ここから本文です

 中国メーカーのBEV路線バスの出来は想像以上のものだった!

 2019年11月18日に都内で「バステクフォーラム2019」が開催された。バスに関する専門誌「バスラマ」を出版するぽると出版が主催で、最新のバス車両やバス関連機器が披露されるイベントだ。

乗用車のように路線バスにも乗車定員はあるのか?

 今回のバステクフォーラムで、もっとも注目すべきともいえるのが、中国のBEV(純電気自動車/バッテリー・エレクトリック・ビークル)路線バスとなる、「アルファバス ECITY L10」だ。

 アルファバスは「江蘇常隆客車」が製造しているBEV路線バス。

おすすめのニュース

サイトトップへ