サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【速報】ウワサのヤリス クロスか? 欧州トヨタが新型コンパクトSUVの導入計画を発表

ここから本文です

【速報】ウワサのヤリス クロスか? 欧州トヨタが新型コンパクトSUVの導入計画を発表

2020年1月14日(現地時間)、欧州トヨタはオランダのアムステルダムで開催された報道関係者向けイベントで、新型ヤリスから採用が始まったTNGA-Bプラットフォームを採用したコンパクトSUVを欧州で導入することを明らかにした。

新型ヤリスをベースにしたコンパクトSUVの誕生か
導入時期や量産計画は追って発表するとのこと。会場で公開されたシルエットからはRAV4との共通点も見いだせる。スペックも一切明らかにされていないが、前後タイヤを覆うダイナミックオーバーフェンダーからコンパクトとは言え全幅は1700mmを超えることは確実だ。

超高速通信“5G”の本格導入がクルマ社会に与える影響とは?【2020 自動車キーワード】

一方、短いホイールベースからはBセグメントの範疇に収まりそうな気配だ。敢えて言うなら、ホンダのヴェゼルに近いサイズを予感させる。日欧SUVのトレンドは確実にコンパクトクラスへと向かっており、欧州はもとより日本でも発売されれば高い人気を獲得しそうだ。

前述のとおりプラットフォームは新型ヤリスと同じGA-B。このプラットフォームは3気筒エンジンの搭載を前提に設計されているので、パワートレーンは1.5Lの直3および1.5L直3ハイブリッドとなる可能性が高い。駆動方式もFFと4WDがラインアップされ、新型ヤリスとの共通点は多いはずだ。ゆえに正式車名もすでにタイで発表されているコンパクトSUVと同じく「ヤリス クロス」となるかもしれない。

おそらく2020年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされ、4月頃よりフランスのバレンシェンヌ工場(TMMF)で量産を開始、まだ発表されていないが日本でも8月には生産が始まると予想する。

[ アルバム : 増殖するヤリス・ファミリー はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します