サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FP3から壮絶なアタック合戦! ペレスがルクレールとの叩き合いを制す。角田裕毅は11番手|F1第7戦モナコGP

ここから本文です

 F1第7戦モナコGPのフリー走行3回目が実施された。トップタイムをマークしたのは、レッドブルのセルジオ・ペレスだった。

 決勝レースが雨に見舞われる可能性が高い予報となっているものの、予選日のモナコ・モンテカルロは快晴。現地時間13時からのFP3は気温27度、路面温度51度というコンディションでスタートした。

■【動画】まさに檻の中を駆けるライオン! ルクレールのヘルメットカメラ映像でモナコを1周

 60分のセッションが開始すると、一部のマシンがミディアムタイヤやハードタイヤでコースインしたものの、FP2でクラッシュを喫したダニエル・リカルド(マクラーレン)も含め、ソフトタイヤで走行するマシンが主だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ