サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パイクカー爆売れで開発陣奮起!? 欧州が度肝を抜いたP10プリメーラ誕生秘話

ここから本文です

 日産らしいクルマといえばスカイラインやフェアレディなどがすぐに頭に浮かぶが、ヨーロッパの度肝を抜いたFFセダンの名車もある。

 それが「稀代の名車」と言われながら、たった2度のモデルチェンジで姿を消した「日産プリメーラ」だ。

55年で前人未踏の世界販売5000万台!! 「元祖国民車」カローラが日本でも世界でも売れる決定的理由

 日産が存続をかけて開発に取り組んだ初代プリメーラは、当時クルマとしての性能では日本車にとって雲の上のような存在だった欧州のコンパクトセダンを脅かすほどの仕上がりで、欧州を驚かせたモデルだ。

 実は筆者もプリメーラの元オーナー。P10プリメーラは何が凄かったのか、振り返ってみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン