サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 飯田市でEVバスの運行とエネルギーマネジメントを実証

ここから本文です
中部電力、信南交通、飯田市は2月14日、EVバスを運行するとともに、EVバスの充電を活用したエネルギーマネジメントを実証するため「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた新たなモビリティの活用実証に係る基本協定」を締結したと発表した。

実証実験では、飯田市の市街地を走行する路線バスにEVバスを1台導入して、環境負荷低減効果などを検証する。EVバスの運行予定を調整して太陽光発電設備の発電時間に合わせて充電する。太陽光発電設備の発電量を活用するとともに、再生可能エネルギーの電力系統への連携を拡大する。

おすすめのニュース

サイトトップへ