サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 強心臓の河野駿佑が演じた“冷静なる接近戦”。注目の師弟コンビがタイトル戦線に浮上【GT300決勝あと読み】

ここから本文です

 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTを駆るスーパーGT参戦2年目の河野駿佑は第2戦富士を前に「今回はQ1、僕が行きます。スタートも僕がやります」と言ったという。

 もっともこれは相方の吉本大樹によるやや誇張された説明であり、実際のところは河野いわく「『今回はシュン(河野)がスタートいくんでしょ?』と言われて、『覚悟してます』としか言えなかったです(笑)」。

SYNTIUM LMcorsa GRスープラ、サバイバル戦となった500kmバトルを勝ち抜く【第2戦富士GT300決勝】

 ただ、そんなやりとりを可能にさせる雰囲気が、LM corsaというチームにはあるという。

おすすめのニュース

サイトトップへ