現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > [Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 後編…ベテランならではの余裕

ここから本文です

[Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 後編…ベテランならではの余裕

掲載
[Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 後編…ベテランならではの余裕

モレル(スピーカー)とアークオーディオ(パワーアンプ)の組み合わを愛車の日産『スカイライン』にインストールし、望んでいたサウンドを手に入れたSKYLINEさん。今回は鳥取県のウェイブトゥポートの渾身の作となったフロントまわりを紹介して行くことにする。

◆ドアのアウターバッフル加工も大がかりながら
純正ラインを尊重した美しいフィニッシュとした
長年探し求めていたサウンドにようやくたどり着いたのが、現在のモレルのスピーカー+アークオーディオのパワーアンプの組み合わせだったというSKYLINEさん。自身がベーシストでありレコーディングではスタジオモニターで音を確認しながら作業を行っていることから、車内でもリアルサンドを求め続けた。そんなオーナーの思いに応えたのがモレル+アークの組み合わせだった。

[Pro Shop インストール・レビュー]日産 スカイライン by ウェイブ トゥ ポート 前編…スタジオモニター再現

スピーカー群はモレルで統一されている。フロントスピーカーにチョイスしたのはモレルの38thモデル(3ウェイモデル)。ミッドバスはドアにアウターバッフルで取り付けられている。印象的なロータスグリルを備えたスタイリングが美しく個性的なアウターバッフルとなった。ドアポケットなどを排除したり、ドアをかなり大がかりに加工しているもののデザイン的には違和感なく純正のラインを崩さずに仕上げているのも見事な出来映えだ。

中低音はドンドンと印象的すぎる傾向の音にならないで、あくまでも自然な中低域サウンドを響かせているのがオーナーの望みだったが、その思惑通りのサウンドに仕上がってる。色づけなくナチュラルに鳴らすことこそが、オーナーの望んだサウンドだ。

◆ミッドレンジとツイーターをコンパクトにまとめた
Aピラーまわりの取り付けもスタイリッシュで機能的
Aピラー/ドアミラー裏に取り付けられているがモレルの38thモデルのミッドレンジとツイーターだ。やや大型のユニットになるものの、極力視界の邪魔にならないように工夫してコンパクトに凝縮して取り付けられているのがわかる。特にAピラーをナチュラルに盛り上げ、ミッドレンジのユニットを包み込むようにデザインされたピラー形状は完成度の高さもピカイチだ。

モレルの特徴でもあるロータスグリルの装備や、グリル部分へのLIMITED EDITIONのロゴの配置などもあって、スピーカーを設置した際の存在感は高い。コクピット全体を見渡しても、モレルのスピーカーが醸し出す雰囲気、空気感は圧倒的で、ひと目見ただけでオーディオカーであることを感じさせる仕上がりとなった。

もちろんサウンド面の特性も優れている。角度付けロケーション共に計算され尽くした取り付けとされ、確かな定位と直接音を多くリスナーに届けることで情報量をアップさせる工夫も見て取れる。

◆リモコン操作にこだわって音楽プレイヤーには
車載機であるオーディオテクニカのAT-HRP5を選択
音楽プレイヤーとして採用したのはオーディオテクニカのHi-ResメディアプレーヤーであるAT-HRP5だ。オーナーのこだわりとしては“車内で使う場合にタッチパネルはNG”“リモコン操作で使いやすいシステムであること”が必須のポイントだった。そんな条件にピタリと合致したのがAT-HRP5だった。メニューや曲リストなどは独立した画面を設けて映し出し常に音楽と対峙できる環境としている。サウンドセッティングもAT-HRP5をプレイヤーとして使うことを前提に合わせてもらっているという徹底ぶりだ。

プロセッサーにはブラックスDSPをチョイス。超ハイエンドなDSPであることはご存じの通りだが、お気に入りのモレル+アークオーディオの組み合わせの音を、少しでも引き出すためにDSPの質にもこだわったのだという。操作部であるダイレクターはオーバーヘッドに埋め込み設置し視認性や操作性も確保した。

自分自身が追い求める理想のサウンドを探す中、ようやく満足いく音として見つけ出したスピーカーとパワーアンプの組み合わせ。厳選したシステムデザインを組み込みロックからクラシックまで何でもOKのサウンドに仕上がり、サウンドに関する満足度は現時点で超ハイレベルだ。ショップとの密接な関係を保ちつつ、望みの音を作り上げてきたベテランならではの余裕が感じられる一台だった。

土田康弘|ライター
デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

こんな記事も読まれています

e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
e-スノーバイクで安比の雪原を駆け抜けろ! e-スノーパーク・e-スノーツアー開催
THE EV TIMES
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
角田裕毅、予選11番手「0.007秒差でQ3に届かず残念だが、自分の走りに満足」チームは目標達成を喜ぶ:RB/F1第1戦
AUTOSPORT web
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
車を盗難から保護、高硬度合金採用のハンドルロックが登場---幅広い車種に対応
レスポンス
マジでギリギリラリー参戦!!   超高額自腹マシンで奮闘中!!    新井大輝が新型マシンで下剋上(参戦準備編)
マジでギリギリラリー参戦!!   超高額自腹マシンで奮闘中!!    新井大輝が新型マシンで下剋上(参戦準備編)
ベストカーWeb
「外環の2」いよいよ事業区間延伸 外環道の“地上道路”都内を貫く どこまで延びるのか?
「外環の2」いよいよ事業区間延伸 外環道の“地上道路”都内を貫く どこまで延びるのか?
乗りものニュース
22年ぶり復活に!? トヨタ新型「カムリ“ワゴン”」が超カッコイイ! 「FF最大・最上級セダン」をステーションワゴン化した「カムリグラシア」なCGとは
22年ぶり復活に!? トヨタ新型「カムリ“ワゴン”」が超カッコイイ! 「FF最大・最上級セダン」をステーションワゴン化した「カムリグラシア」なCGとは
くるまのニュース
『FIM E-XPLORER WORLD CUP』プロモーターが掲げる3つのコンセプトとは
『FIM E-XPLORER WORLD CUP』プロモーターが掲げる3つのコンセプトとは
バイクのニュース
スカイラインGTの集大成「スカイラインNISMO」とは…東京オートサロン2024
スカイラインGTの集大成「スカイラインNISMO」とは…東京オートサロン2024
レスポンス
幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力
幻の…V37スカイラインクーペ!! 400Rの実績があれば日本でもいけるぞ!! 美しきインフィニティQ60の姿と実力
ベストカーWeb
三菱「FTO」が30周年! ポルシェ「911」ティプトロと同じMTモード付きATが自慢のなつかしい1台です【カタログは語る】
三菱「FTO」が30周年! ポルシェ「911」ティプトロと同じMTモード付きATが自慢のなつかしい1台です【カタログは語る】
Auto Messe Web
フォルクスワーゲンがChatGPTの導入を発表! クルマへのAI搭載は「AIを知らない数十年前」から「自然なこと」として考えられていた
フォルクスワーゲンがChatGPTの導入を発表! クルマへのAI搭載は「AIを知らない数十年前」から「自然なこと」として考えられていた
WEB CARTOP
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが登場
マクラーレンのプラグインハイブリッド車「アルトゥーラ」のオープントップモデルが登場
カー・アンド・ドライバー
BYDのSUV「ATTO3」が発売開始から1年で改良モデル登場! センターモニターが大型化&車内でカラオケも歌える!!!
BYDのSUV「ATTO3」が発売開始から1年で改良モデル登場! センターモニターが大型化&車内でカラオケも歌える!!!
ベストカーWeb
カラオケアプリと専用マイク
カラオケアプリと専用マイク
レスポンス
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
街で見かけるトヨタ「ジャパンタクシー」“自家用車”として購入可能!? 一般ドライバーが普通に使うにはハードルが高いワケ
くるまのニュース
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
【正式結果】2024年F1第1戦バーレーンGP 予選
AUTOSPORT web
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
ポールスター初の電動SUV『3』、生産開始…航続610km
レスポンス
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
気軽に乗ったら違反になることも!?「電動モペット」の落とし穴とは
バイクのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索
スカイラインの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

456.9948.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.82050.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村