サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > まだ売るの?? レクサス最小車「CT」 9年目の改良で浮上した存亡の行方

ここから本文です

 レクサスがブランド最小ハッチバックの「CT」を一部改良。同モデルは2011年に発売されており、9年目を迎えて異例の改良となった。

 レクサスCTの2019年販売台数は2344台と、セールス面でも厳しい状況となっているが、果たして次期モデルは存在するのか、まだ確定的な情報はないものの、今後については、いくつかの“シナリオ”があるようだ。

大ヒット驀進中!! 徹底比較タフトとロッキー 買ってしあわせなのはどっち?

 以下、遠藤徹氏が解説する。

おすすめのニュース

サイトトップへ