サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 絶対にスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得する……世界のヤマケンに課せられた“2020年の至上命題”

ここから本文です

絶対にスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得する……世界のヤマケンに課せられた“2020年の至上命題”

絶対にスーパーフォーミュラでチャンピオンを獲得する……世界のヤマケンに課せられた“2020年の至上命題”

 2020年は世界耐久選手権(WEC)とスーパーフォーミュラの2カテゴリーにレギュラー参戦する山下健太。WECでのプラグラムに注力しつつも、日本のトップフォーミュラでチャンピオンを獲得することを大きな目標に掲げている。

 昨年、スーパーGT(GT500クラス)で大嶋和也とともに#6 WAKO’S 4CR LC500をドライブし、シリーズチャンピオンを獲得した。しかし、その一方でスーパーフォーミュラでは第6戦岡山でシリーズ初優勝を飾ったものの、シリーズランキングは5位と不本意な結果に終わった。

■スーパーGTで魅せた強い気持ちを胸に……“世界のヤマケン”、次なる舞台へ

「やっぱりSFのタイトルは獲りたいですね。この目標はやっぱり外せないです。(日本の)フォーミュラカテゴリーでは一番上なので、何としてもタイトル獲りたいです」

 昨シーズン終了後、motorsport.comの取材に対して、そう力強く語っていた山下。スーパーGTでのタイトルを噛みしめつつも、すでに2020年の“新たな挑戦”に向かって歩み始めていた。

 そんな中、昨年12月に鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラの合同・ルーキーテスト。山下が乗るKONDO RACINGの3号車を阿部和也エンジニアが担当した。2020年はこのタッグでスーパーフォーミュラを戦うようだ。

 阿部エンジニアは2013年と2018年に山本尚貴をSF王者に導き、昨年はスーパーGTで大嶋/山下が駆る6号車を担当しタイトル獲得に貢献。脇阪寿一監督も絶大な信頼を置く人物だ。

「やっぱり阿部さんもSFでチャンピオンを獲っているし、色んなチームを見てきている方なので、僕にとってもすごく勉強になることが多かったです。阿部さんも色々な状況がある中でこうして来てくれたので、僕としても結果を出さなければいけないなという心境ですね」

 昨年末のテストの際にそう語った山下。阿部エンジニアとスーパーフォーミュラで共に戦うことに対して心強くもあり、プレッシャーも少なからず感じているような表情をしていたのが印象的だった。

 改めて阿部エンジニアと組んで行なった2日間のテストで、山下にとっても“新しい発見”や“手応え”がたくさんあったという。

「(昨年12月の)テストではタイムをあまり気にせずに、とにかく色々なことを試しました。この時期のテストはシーズン中とコンディションが違って、ここまでグリップすることが(シーズン中は)ありません。それを見越してテストをしました」

「特に僕の場合は2019年の開幕前テストが絶好調でしたが、そこからガクッと(調子を)落としてしまいました。2020年はそうならないようなテストができたと思います」

「あと『これは夏場のレースで使えるな』というネタがいっぱいありましたし、それを冬用にアジャストして、最終的にトヨタ勢の中では良いタイムで終えることができていました。実際にシーズンが始まってフタを開けてみないと分からないところはありますが、テストの時点では良い手応えはありました」

 2020シーズンは全日本F3で抜群の速さをみせたサッシャ・フェネストラズがチームメイトとして加わることになる。山下もルーキーテストで彼がみせた速さを認めつつも、改めて今年は自分自身がシリーズチャンピオンを手にすることだけを見据えていた。

「サッシャ選手もすごく適応力があって速いドライバーです。彼に負けないように頑張らなければいけないんですけど、それ以上に……2020年はチャンピオン獲得のためにシーズンを通して力強い戦いをしたいと思っています。それができるようにこの12月のテストから始めていますし、開幕に向けてしっかり準備をしていきたいと思っています」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します