サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > かつて「0.1km/L」の差をアピールしたクルマの「燃費競争」! 最近目立たなくなった理由とは

ここから本文です

 エコカー減税が燃費競争のきっかけのひとつ

 最近は以前に比べて燃費性能があまり話題にならない。ライバル車同士の燃費競争も穏やかだ。

あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

 燃費競争が激しかったのは2010年代の前半であった。たとえば2012年に発売された5代目の先代スズキ・ワゴンRは、JC08モード燃費が28.8km/Lだった。これが2013年の改良で30km/Lになり、2014年にはマイルドハイブリッドのSエネチャージを加えて32.4km/Lに達した。毎年のように燃費数値を向上させていた。

 ワゴンRに限らず、ほかの軽自動車やコンパクトカーも同様だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ