サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オートバックス、中古車個人間取引に参入 フリマアプリ「クルマのえん」開始 利用料は車両価格の10%

ここから本文です
 オートバックスセブンは9日、中古車の個人間取引(C to C)プラットフォーム「クルマのえん」を立ち上げ、12日にサービスを開始すると発表した。中古車買い取り・販売事業で培った査定システムを活用することで、円滑な成約を促す。車両買い取りを希望しない顧客の囲い込みにつなげるとともに、サービスを通じて得たデータの応用も視野に入れる。

 スマートフォン(スマホ)向けアプリとして展開する。同社の買い取り査定システム「査定ドクター」を用いて店頭で金額を算出できるほか、スマホでの簡易査定も可能とした。出品者は査定額を目安に、より成約見込みの高い価格で出品できる。

おすすめのニュース

サイトトップへ