サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ、営業益9.6%減 2021年3月期決算---インド市場先行き不透明で次期業績予想は未定

ここから本文です
スズキは5月13日、2021年3月期(2020年4月~2021年3月)の連結決算を発表。コロナ禍による売上減や原材料コスト高騰により、営業利益は前期比9.6%減の1944億円となった。

2021年3月期の業績は、4~6月期の減収減益を7月以降のインド、日本での販売回復や経費削減努力等でカバーできず、売上高は同8.9%減の3兆1782億円。営業利益は売上減、原材料価格高騰等により同9.6%減の1944億円となった。経常利益は金融収支の改善もあり同1.2%増の2483億円、当期純利益は投資有価証券売却益142億円の計上もあり、同9.1%増の1464億円となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン