サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本フルハーフ、IoT活用の新サービス展開 第1弾はトレーラーの位置管理システム

ここから本文です
 日本フルハーフ(田中俊和社長、神奈川県厚木市)は26日、IoT(モノのインターネット)技術を活用した新たなサービス「FRUEHAUF CONNECT(フルハーフ コネクト)」の販売を開始したと発表した。同サービスは、物流業界が抱えているドライバー不足や働き方改革といった社会的な課題に対し、センシングやコネクテッド技術を活用することでIoTを実現し、課題解決に貢献する。今回は第1弾としてトレーラーの位置情報を取得し、インターネット回線を通じてパソコンやスマートフォン(スマホ)上でリアルタイムにデータの閲覧およびダウンロードが可能となる「トレーラ位置管理システム」を販売する。

おすすめのニュース

サイトトップへ